宇垣美里が狼のコスプレ披露、KATEオリジナルキャラで『池ハロ』出演

マイナビニュース / 2019年10月21日 11時0分

写真

画像提供:マイナビニュース

10月26日から27日にかけて行われる「池袋ハロウィンコスプレフェス2019」に、カネボウ化粧品のメイクアップブランド「KATE(ケイト)」が出展し、元TBSアナウンサーの宇垣美里、コスプレイヤーのシスル、ゆうがKATEオリジナルキャラクターのコスプレで登場することが発表された。

3人は、ランウェイやコスプレのポイントなどをテーマにしたトークショーに出演予定。

また、STシリーズをはじめとした商品を使用したコスプレメイクや、宇垣とシスル、ゆうによるコスプレヴィジュアルとコスプレメイクのHOW TOを紹介するコスプレメイクフブックKATE『THE COSPLAY MAKEUP』の無料配布も行われる。

そのほか10月21日より、3人がコスプレメイクを通して、キャラクターに変身していく様子を撮ったHOW TOダイジェストムービーも公開。同月25日からは、それぞれのキャラクターのメイクポイントを、順序を追ってより詳細に説明するKATE「THE COSPLAY MAKEUP」もスペシャルページにて視聴できる

●KATEオリジナルキャラクター設定
・人狼 柘榴 -ザクロ-(宇垣美里)
「何を見ている? ……なんだ、そうか。 お前、私のものになりたいのか……?」
人の世に潜む狼。月が綺麗な夜になると本性を現すが、普段は美しい 女の姿で街に溶け込んでいる。非常に高い知能と危機察知能力を持ち、 逃げ足が速い。特筆すべきはその美しい「声」。涼やかな音に引き寄せら れ、手中に嵌った人間は数知れず。暗闇の中で黄金の虹彩が煌めいたら ――彼女が獲物を見つけた合図。

・猫又 木通 -あけび-(ゆう)
「今宵は祭りじゃ。 歌い、騒ぎ、現世から離れようじゃないか!」
山の社に住む猫又。時代に合わせて何百年もの時を生き永らえている。 祭りごとを好み、にぎやかな場所を見つけては少女の姿で遊びに出掛ける。 彼女の歩いたあとには、ぼんやりと火が灯ったように光の道ができる。 こう見えて力ある存在で、眷属たちに畏怖されているが本人はいたってマイ ペース。

・蝙蝠 無花果 -いちじく-(シスル)
「闇はわたしの舞台。 そこの貴方、夜想曲はいかが?」
不老不死の蝙蝠。暗い森に囲まれた荒廃した屋敷で優雅に暮らしてい る。目と耳がよく、暗闇での移動を得意とする。性格は怠惰かつ強欲。外 出は好まないが、欲しいものがある時だけは別。小さな牙にひとたび噛みつ かれたが最後、専属の使用人にされてしまうとか......。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング