上白石萌音、即位の礼特番で十二単体験「立っているだけで汗」

マイナビニュース / 2019年10月21日 15時39分

写真

画像提供:マイナビニュース

女優の上白石萌音が、あす22日に生放送されるフジテレビ系特番『バイキング×グッディ!×FNN Live News即位の礼SP』(11:55~16:50)でスペシャルリポーターを担当する。

この番組は、天皇陛下が即位を国内外に宣言する「即位礼正殿の儀」の模様を、情報バラエティ番組『バイキング』、情報番組『直撃LIVEグッディ!』が報道番組『Live News』と合体し、完全生中継するもの。

上白石は、「即位礼正殿の儀」で皇后・雅子さまが26年ぶりに着用される「十二単(ひとえ)」に注目。知られざる秘密を明らかにするため、上白石が十二単を実際に着るなど取材した。

最初は「1枚1(の衣)は薄いですね。全く苦しくないです」と余裕を見せていたものの、重ねるごとに「少しずつずっしりと体に感じてきています」と徐々に重さを実感するように。そして「打衣(うちぎぬ)」を重ねると「だいぶ重いです。重力を感じています。脚と肩にきています」とその重みをずっしりと感じたようだ。

あらためて、着た感想を聞かれた上白石は「誰?って感じで、自分ではないみたいです。でもこれは大変ですよ。立っているだけで汗がにじみますし、腰から脚にかけての重みをとっても感じます。重力がのしかかっている感じがします。十二単で何時間も過ごすとなると、相当体の負担がかかると思います」とコメント。

即位の礼については「人生の中でその瞬間に立ち会えることはなかなかないですよね。実際にこの目で、同じ時代の中で迎えられるということで、すごくメモリアルな日になると思います」と期待を語り、「今はとても緊張していますが、若い目線でいろいろな知識を頂きながら視野を広げて楽しめたらいいなと思います」と述べた。

勝又隆幸チーフプロデューサーは「これからを生きる若い世代に関心をもってもらうための伝え手として上白石萌音さんに“スペシャルリポーター”としてご出演をお願いしました。上白石さんは、映画『ちはやふる』や『君の名は。』など、若者に人気の作品で絶大な支持を得ている上、日本の文化や歴史にも深い関心をお持ちです。そんな上白石さんがまさに今回は適任と思いキャスティングしました。十二単の取材を通じた彼女の等身大のコメントにも注目して見ていただければと思います」と話している。

(C)フジテレビ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング