iOSのリマインダーで「ルーティンワーク」を管理

マイナビニュース / 2020年1月26日 9時0分

写真

画像提供:マイナビニュース

ルーティンワークとは、手順が決まった仕事のこと。繰り返し行われ、むしろ変化は好まれないために、退屈なことの代名詞のような使われかたもしますが、世の中には変わらないこと、変えてはいけないこともあるはず……花の水やりとか犬の散歩とか、ネガティブな印象のないルーティンワークもありますよね。

そんなルーティンワークは、「リマインダー」で管理しましょう。通常のリマインダーは、作成後に丸い部分をタップしてチェックを入れると完了扱いされてしまい、以降は表示されなくなりますが、繰り返し型のリマインダーを作成すれば、その条件に応じて何度でも表示されます。

たとえば、毎朝薬を飲むことはリマインダーで管理するのに格好の材料です。曜日に関係なく朝8時に1種類の薬を飲むのだとすれば、毎日朝8時を条件に繰り返し型リマインダーを作成すればいいのです。通知表示後にリマインダーの丸い部分をチェックすると、その日のリマインドは完了扱いになりますが、翌日には再びリマインドされます。その繰り返し型リマインダーを削除しないかぎり、毎朝薬を飲むことを通知され続けるというわけです。

作りかたはかんたん。通常どおりリマインダーを作成してからキーボードの上部にある時計ボタンをタップ、現れたボタンのうち「カスタム」をタップし、「繰り返し」をタップして「毎日」をチェック、その後通知時刻を設定するなどして体裁を整えればOKです。繰り返しの間隔は時間(1~999)で指定することもできるので、1日3回/8時間起きに通知するよう設定しておけば、1日3度の薬の服用にも使えますよ。
(海上忍)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング