Windows 10ミニTips 第474回 コンテキストメニューの「新規作成」からOfficeファイルを取り除く

マイナビニュース / 2020年2月15日 0時0分

写真

画像提供:マイナビニュース

「Windows 10ミニTips」は各回の作成時点で最新のWindows 10環境を使用しています。

○レジストリファイルで取り除く

Windows 10のコンテキストメニューに並ぶ「新規作成」はテンプレートファイルに沿って、各アプリの新規ファイルを作成する。だが、筆者の環境では不要なので必要最小限にしているものの、Office 365の更新時に新規作成アイテムが復活してしまう。

新規作成アイテムのGUIによる操作方法は用意されおらず、必然的にレジストリエントリーを操作しなければならない。本連載ではレジストリを操作するのははばかられるため、今回はレジストリファイルを用意した(自己責任でお願いしたい)。まずはWebブラウザーでregファイル(context.zip)をダウンロードしてほしい。

ダウンロードしたZIPファイルに含んでいるのは、32/64ビット版のOffice 365の新規作成アイテムを削除する「Remove Office 365 Context Menu Items.reg」、32ビット版Office 365の新規作成アイテムを復元する「Add Office 365 x86 Context Menu Items.reg」、64ビット版Office 365用の「Add Office 365 x64 Context Menu Items.reg」の3ファイルである。

今回32ビット版と64ビット版を用意したのは、Programs Filesフォルダーのパスが異なるためだ。たとえばMicrosoft Accessの場合、32ビット版は「C:¥¥Program Files (x86)¥¥Microsoft Office¥¥root¥¥Office16¥¥1033¥¥ACCESS12.ACC」をテンプレートファイルとして参照しているが、64ビット版のパスは「C:¥¥Program Files¥¥Microsoft Office¥¥root¥¥Office16¥¥1033¥¥ACCESS12.ACC」となる。

MicrosoftはOffice 365利用者に対して、旧来の「ファイルを作成してからアプリを起動」ではなく、ポータルサイト経由で作成し、OneDrive/OneDrive for Businessに保存するスタイルを主体にしようとしている。筆者に限らず、「新規作成アイテム」を使わない人の参考になれば幸いだ。

阿久津良和(Cactus)
(阿久津良和)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング