キヤノン、レンズ交換式デジカメで17年連続シェアNo.1に

マイナビニュース / 2020年3月26日 20時46分

写真

画像提供:マイナビニュース

キヤノンは3月26日、2019年の世界市場におけるレンズ交換式デジタルカメラの台数シェアナンバーワンを獲得したと発表しました。2003年~2019年まで、17年連続での世界シェアナンバーワンとなります。

キヤノンは、2003年9月にデジタル一眼レフカメラの入門機「EOS Kiss Digital」を発売し、デジタル一眼ブームを巻き起こしました。同シリーズを最量販モデルとして新機種を積極的に投入しつつ、プロ向けの高性能モデル「EOS-1D」シリーズや、一眼レフでの動画撮影を普及させたフルサイズ機「EOS 5D」シリーズなど、バリエーション豊かな一眼レフで高い評価を獲得してきました。

2018年からは、フルサイズミラーレス「EOS R」シリーズを展開しており、高速連写や8K 動画撮影を可能とした最新モデル「EOS R5」の開発を発表。交換レンズは「RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM」など、一眼レフにはない新コンセプトの製品を投入する見込みです。
(磯修)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング