33,800円からの「Oculus Quest 2」登場、さっそく実機に触ってみた

マイナビニュース / 2020年9月17日 2時30分

写真

画像提供:マイナビニュース

●性能アップ、なのに買いやすい価格の「Oculus Quest 2」
Oculusは、PCを使わずスタンドアローンで動作するVR用ヘッドマウントディスプレイ「Oculus Quest 2」を9月17日に発表した。価格(税別)は64GBモデルが33,800円、256GBモデルが44,800円。グローバルで同日より予約受付を開始しており、10月13日より販売する。国内ではAmazonのほかに初めて店頭販売を行い、ビックカメラ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラ、GEOなどで取り扱う。発売前の実機に触れたインプレッションをあわせてお届けしたい。

Oculus Quest 2は、オールインワン型のVRシステム「Oculus Quest」(2019年発売)の後継機種。VRヘッドマウントディスプレイ(HMD)とコントローラーを用意するだけで、VRゲームなどを楽しめる。本体カラーはホワイトのみ。対象年齢は13歳以上。

プロセッサーやバッテリー、ヘッドセットに組み込んだセンサーで装着者の動きを検知する「Oculusインサイト」により、PCや外部センサーを用意することなくHMD単体でユーザーの動きをVR内に反映。6DoF対応により、顔の向きだけでなく、頭の高さや自分の位置を把握できる。ハンドトラッキングもサポートする。

液晶ディスプレイを採用し、解像度は片目につき1,832×1,920ドット。リフレッシュレートは最大72Hzで、将来的には90Hzもサポート予定。本体内部のレンズ(アイカップ)を左右に動かせるようになっており、58/63/68mmの3段階で目の幅(IPD:瞳孔間距離)に合わせてピントのずれを調整できる。

なお、初代Oculus Questのディスプレイは有機ELで解像度は片目につき1,440×1,600ドット、リフレッシュレートは最大72Hz対応だった。Quest 2では液晶に代わったが解像度が上がっており、「既存のQuestより50%もピクセル数が増加し、ゲームに入り込むにつれピクセルが消えていくように見える」(Oculus)とアピールしている。

新しいTouchコントローラーが左右合わせて2つ付属する。HMDを装着してこれを手に持つと、VR内に自分の手を模した3DCGが現れる。手を動かしたり腕を振ったり、対応ボタンを操作したりすることで、投げる、つかむといった動きを反映する。

Riftコントローラーのデザインから着想を得て人間工学に基づき、従来のTouchコントローラーを全面的に再設計。「直感的な操作でユーザーのジェスチャーをVRに直接届け、より深い臨場感を味わえるようにした」という。コントローラーの電源は単3形乾電池×2。

SoCにはクアルコムの最新チップ「Snapdragon XR2」を採用し、6GB RAMも搭載して処理能力を強化。「全てのゲームの魅力を最大限に引き出し、これまでにない優れたゲームプレイができる」とする。無線LAN機能も備える。なお、Quest 2の設定にはFacebookアカウントが必要だ(後述)。

QuestソフトウェアプラットフォームにはQuestのコア機能だけでなく、本体の内蔵カメラを通して周囲のものにぶつからないよう設定できるGuardian(ガーディアン)や、VRゴーグルを付けたまま周囲の様子を確認できるPassthrough+(パススルー+)、ユニバーサルメニューを搭載。ホーム画面のデザインを変更しただけでなく、Quest 2の高解像度ディスプレイによるWeb閲覧や動画視聴時のテキスト表示の改善など、複数の改良を加えたという。

ホーム画面からは最近使ったアプリを立ち上げたり、自分の興味に関連した新しいアプリを探せる。ソーシャルストーリーズも用意され、参加したいアクティブなマルチプレイヤーゲームや友だちに人気のあるアプリ、VRでプレイしている友だちなどが表示されるという。

従来のQuestと比べて本体が10%以上軽く、小型になっているのも特徴。顔の前に重さ503gのデバイスを装着するので、それなりの存在感はあるものの、伸縮性のある柔らかいストラップをアジャスターで調整したり、頭頂部のベルクロで微調整して自分に合ったフィット感を見つけられる。

本体サイズはストラップを折りたたんだ状態で191.5×102×142.5mm、ストラップが開いた状態で191.5×102×295.5mm。Touchコントローラーの本体サイズは各9×12cm(トラッキングリング含む)、重さは各126g(バッテリー含まず)。

内蔵バッテリーで動作し、ゲームの場合は約2時間、動画視聴の場合は約3時間使える。バッテリー残量はVR空間内で確認可能だ。充電・データ転送対応のUSB-C端子を備えており、付属のUSB-C充電アダプターを使うと約2.5時間でフル充電できる。充電しながら使うこともできるが、動き回るようなVRゲームなどではケーブルやコネクタが傷む恐れもあるので、つながないほうが良さそうだ。

なお、Quest 2は2種類のプレイスペースをサポートする。ひとつは約2m四方以上のスペース確保を推奨する「Roomscale」で、もうひとつは座った状態・立った状態で直径約1.2mのスペース確保を推奨する「Stationary」。プレイスペースの上(頭上など)にランプやシーリングファンなどがないか注意するよう案内している。

別売アクセサリーとして、Quest 2をゲーミングPCに接続してOculus Riftのゲームを楽しむための高速光ファイバケーブル「Oculus Linkケーブル」(USB 3 Type-C対応、長さ5m、税別9,800円)を用意。

ほかにも、Quest 2と同梱品を収納できる携帯用ケース(税別6,100円)や、Quest 2 Eliteストラップ(同6,200円)、Quest 2 Eliteストラップ バッテリーおよび携帯用ケース付き(同16,000円)、Quest 2フィットパック(同4,800円)をラインナップしている。

●実機をさっそく試す。“今”だからこそ実感するVRの魅力
今回、Oculusからお借りしたQuest 2の実機を数日試すことができた。筆者はかつてPlayStation VRを使っており、取材などでもVR機器に触れているので操作にはある程度慣れている。PS VRは発売当時は画期的なVR HMDであったが、やはり動き回るときにPS4とHMDをつなぐ太いケーブルの存在を意識しないわけにはいかなかった。

その点、HMDを着けたままで立ったりしゃがんだり、といった動作が快適に行えるケーブルレスのQuest 2は、当然ながらストレスフリーで快適だ。Quest 2を使ってのマルチプレイヤー対戦型VR FPS「Population : One」のデモ体験で、ケーブルを気にせずVR内で自由に動けることの快適さを改めて実感した。

OculusがQuest 2をVRゲーム機として訴求している点は前世代と同じだが、ハイパフォーマンスなシステム構成や高画質なディスプレイを採用して基礎体力を高めたことにより、ゲーム以外の分野でもおおいに活用できそうだと感じる。

個人的には、Quest 2を手ごろなVRホームシアターとして利用することをオススメしたい。普通の家では設置できないような大画面もVR内なら難なく体験でき、スマホに安価なVRゴーグルを組み合わせるのとは別格のVR体験が楽しめる。ちなみに、従来のQuestに同梱されていた「Oculus TV」アプリは、Quest 2でも利用可能だ。

今回はYouTubeやNetflix、Amazon Prime Video、DMM VR動画プレイヤーといった動画配信サービスのアプリを中心にQuest 2にインストールし、いくつかの作品をストリーミングで視聴してみたが、画質に不足はなく、なによりも久しく足を運んでいない映画館並みの大画面で映画やアニメ、VR動画を見られて満足。

DMM.comのVR動画サービスで販売されている、小惑星探査機「はやぶさ」の軌跡を描いたフルドーム映像『HAYABUSA-BACK TO THE EARTH-』(税込3,300円)や、人気ライトノベル『狼と香辛料』を原作とした『狼と香辛料VR』アプリ(税込2,490円)などのコンテンツも、Quest 2によって高画質かつ臨場感たっぷりで楽しめた。

YouTubeなどで大量のサムネイルをスクロールしながら作品を選んで再生したり、シークバーを操作して見たいシーンまで飛ばすといった操作を次々に行うと若干待たされることもあったが、そこまで動作がもたつく印象ではなかった(自宅のネットワーク環境の問題もあるかもしれない)。

HMDにはポジショナルオーディオ機能を備えており、イヤホン/ヘッドホンで耳をふさがずに、VRゲーム/コンテンツの音を内蔵スピーカーで聞ける。オープンな構造なので音漏れはあるものの、開放感があって十分にVRを楽しめる。サウンドはVR内の音のする方向に連動するため、たとえばゲームなどではチームメイトの声や背後に忍び寄る音などがリアルに聞けるそうだ。

3.5mmステレオミニのヘッドホン出力も備えており、周囲に配慮したいときや夜間の利用時にはHMDの内蔵スピーカーを使わずにすむので重宝する。なお、本体にマイクを内蔵しているため、対応アプリであればHMD単体でのボイスチャットも可能だ。

VRホームシアター以外にも、Quest 2の活用方法は色々ある。

たとえばVRエクササイズ。Oculusのアプリストアでは、『Supernatural』や『FitXR』といった、自宅でVRを使ってエクササイズできるように設計されたアプリが提供されている。コロナ禍の影響で家からあまり出なくなってしまった、筆者のようなズボラな人間にはとてもありがたい。

他にもPCをVR内で使ったり、画面を他のユーザーと共有したり、仮想会議を開催したりできるアプリもあり、「vSpatial」というVRワークプレースサービスはその一例といえるだろう。ソーシャルVRでは「VR Chat」や「Rec Room」といった既存のアプリに加えて、Facebookがまもなく提供予定の新サービス「ホライズン(Horizon)」なども利用可能になる見込みだ。

今回は上記のアプリとは別に、Quest 2の取材のために用意されたVRデモ空間の中でOculusの担当者と少し話をする機会を得たが、Zoomなどの平面映像を通じたコミュニケーションとはまた違った新鮮さがあり、リアル空間で相手と本当に話しているような生々しさも感じられた(それだけに、盛り上がったデモが終わって回線が切れたあとの一抹の寂しさも、妙に刺さるものがあった)。

ここまでQuest 2のさまざまな魅力を紹介してきたが、最後にQuest 2の使用にあたって“ある懸念と誤解”があることもお伝えしたい。

実は、Oculusは2020年10月から、同社のVRデバイスを初めて使用するときはFacebookアカウントでのログインを必須にする。さらに、既存のOculusアカウントのサポートを2023年1月1日をもって終了する予定だ。このアナウンス(英文)の中で重要なのは、以下の3つ。

2020年10月以降、Oculusデバイスを初めて使用するときは、Facebookアカウントでログインする必要がある
すでにOculusアカウントを持っている場合は、Facebookアカウントに統合(マージ)するオプションを提供する
既存ユーザーが上記のアカウントを統合しなかった場合、Oculusアカウントを2022年末までの2年間継続利用できる

Facebookアカウントを使うことで、VRで友人を見つけて一緒にゲームを遊ぶことがより簡単になるほか、ホライズンのようなマルチプレイヤー・ソーシャル体験を実現することが狙い……ということだが、一方でこの発表があったとき、ネット上では「実名制のFacebookと、VR用のプロファイルを統合したくない」といった否定的な反応が非常に多く見られたのも事実だ。筆者もそういう声が上がることは当然理解できる。

ただし、今回筆者がQuest 2を試用した限りでは、Oculus側であらかじめ適切に設定しておくことで、Facebook側に特に影響することなく使えていることを確認できた。

現在はFacebookアカウントでログインした場合も、独立したVRプロファイルが作成・管理できる仕組みになっており、Oculus上の友だちにFacebookの名前で検索されたくない場合は、Oculusの設定で「自分のみ」を選ぶことで制御できる。アプリの使用状況を勝手に公開されないよう設定することも可能で、VRアクティビティがユーザーの許可なくFacebookに投稿されることもない。このようにユーザー側でできる対策(設定項目)がきちんと用意されているので、あとはFacebook/Oculusによる適切な情報の運用を願うばかりだ。

こうしたアカウントの扱いを受け入れられるのであれば、Oculus Quest 2は非常に魅力的なVR HMDといえる。前世代から性能がアップしていながら64GBモデルが33,800円(税別)、256GBモデルが44,800円(同)と買いやすい価格になっていることも見逃せない。初代Questの64GBモデルが直販49,800円(税込)、128GBモデルが同62,800円だったことを考えると、非常にお買い得なVR HMDだ。

前世代のOculus Questを持っている人も、スマホVRで「VRってこんなものか……」と感じた人も、Quest 2に触れる機会があれば、ぜひ試用してみることをオススメしたい。文章だけでは伝えきれないVRの楽しさや魅力を、パワーアップした新モデルを通して実感できると思う。
(庄司亮一)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング