Google、Chrome向け「高度な保護機能プログラム」強化、クラウドでマルウェア解析

マイナビニュース / 2020年9月17日 13時15分

写真

画像提供:マイナビニュース

GoogleがChromeブラウザ・ユーザーに提供している「高度な保護機能プログラム」のマルウェア対策機能を強化し、安全性に疑いがあるダウンロードファイルをクラウドでスキャンするオプションを用意した。

「高度な保護機能プログラム」は、ジャーナリストや政治団体など標的型攻撃に狙われやすいユーザー向けにChromeの保護を強化する機能。利用にあたってセキュリティキーを2つ用意しなければならないが、サービス自体は無料であり、Googleアカウントを持っていれば誰でも利用できる。

同プログラムのユーザーがChromeブラウザでファイルをダウンロードすると、セーフブラウジング機能がファイルのハッシュなどメタデータを用いて安全性を評価し、完全に安全が確認されない場合は警告を表示していた。強化後は、クラウドで静的および動的な手法でマルウェア解析を行うためにファイルを送信する「Send」ボタンが警告に表示される。送信するとすぐに解析が行われ、しばらくして結果が表示される。スキャン終了後にセーフブラウジング機能はアップロードしたファイルをクラウドから削除する。Chrome Securityチームは「オンラインの脅威は常に変化しており、ユーザーの保護も自動的に進化するものであるのが重要」としている。
(Yoichi Yamashita)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング