JR西日本「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」運転再開後の朝食メニュー発表

マイナビニュース / 2020年10月28日 17時35分

写真

画像提供:マイナビニュース

JR西日本は28日、「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」が2021年2月17日から運行再開するにあたり、2021年2~6月出発分の朝食メニューについて発表。あわせて「瑞風」オリジナルの日本酒を販売することも発表した。

「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」は新型コロナウイルス感染症の影響で2月末から運休し、現在は車両品質の維持向上に伴う工事のために運休している。2021年2月17日の運行再開にあたり、新常態での利用者のニーズに対応した新しいサービスを導入し、地域の人々の協力を得ながら、さらなる沿線の魅力を伝えていくという。

このほど2021年2~6月出発分の朝食メニューが決定。山陽コース(下り・上り)と山陽・山陰コース(周遊)の2日目は、京都の老舗料亭「菊乃井」3代目主人の村田吉弘氏、レストラン「HAJIME」オーナーシェフの米田肇氏が朝食を監修。沿線の多彩な食材を使った料理を車内の部屋で楽しめる。

山陰コース(下り・上り)と山陽・山陰コース(周遊)の3日目は、地産の特別メニューを朝食として提供。山陰コース(下り)は山口県萩市「口福の馳走屋 梅乃葉」の和朝食、山陰コース(上り)と山陽・山陰コース(周遊)は鳥取県岩美町「イタリアンレストラン AL MARE」の洋朝食を楽しめる。

「瑞風」オリジナルの日本酒は、「瑞風ラウンジ京都」で日本酒を提供する京都・洛中の酒蔵、佐々木酒造の協力により、「聚楽第(じゅらくだい) 純米大吟醸エクセレント」(瑞風オリジナル)を用意。これまで「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」を利用したことがある乗客限定で、2020年11月1日から2021年1月31日までの期間、720ml入りを1万円で販売する。

対象者には商品カタログが送付され、電話にて申込みを受け付ける。「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」が運行再開する2021年2月17日以降、車内でも販売される。
(木下健児)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング