1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

村上信五、スケート・高木美帆に感心しきり「求道者ですやん」

マイナビニュース / 2021年3月26日 18時0分

写真

画像提供:マイナビニュース

アイドルグループ・関ジャニ∞の村上信五が出演するフジテレビのスポーツ番組『村上信五∞情熱の鼓動』初の2時間スペシャルが、30日(25:35~27:35 ※関東ローカル)に放送される。

放送開始から20回目の節目となる今回は、今夏に迫る東京オリンピックの柔道66㎏級日本代表決定戦の“真実”をひもとく第一部と、村上が番組初となるウィンタースポーツ選手へのインタビューに挑戦した第二部の二部構成。

第一部は昨年12月13日に行われた「東京オリンピック柔道66kg級日本代表決定戦」阿部一二三と丸山城志郎によるワンマッチ決戦を徹底回顧。日本柔道界史上初となったこのワンマッチは、異例の24分の激闘の末、阿部が代表権を勝ち取った。本番組では初めて、阿部・丸山両選手からこの決戦に対するロングインタビューを撮ることに成功。この番組でしかみられない貴重なインタビューを元に、だれも知り得ることのできない「24分間の真実」を両選手、関係者の証言からひもとく。

柔道の聖地「講道館」の静寂に包まれた畳の上で、村上は「試合前には(恐れ多くて)畳の上にあがることができなかったと思う。(当時は)画面を通じて見ながらも、講道館の中にいるような緊張感があった」と決戦を振り返る。宮司愛海アナウンサーから「どちらが勝っても負けても、見ている側にとっても複雑な感情でしたね」と話を向けると「複雑以上の表現が出てこない。24分続くと思っていなかったし、終わりが来ないのではとも思った」と答えるほど白熱した試合だった。それだけに村上は緊張した面持ちで阿部、丸山それぞれのインタビューに臨んだ。

第二部では2022年の北京冬季オリンピックに挑む、2人のアスリートに直撃。

1人目は2018年の平昌オリンピックで金・銀・銅メダルを獲得した、名実ともに日本スピードスケート界のエース、高木美帆。村上が北京オリンピックについて尋ねると、「自分にとっては、(平昌とは)全然違う大会になるだろうなとは思います。どう表現するかって言うのが自分の中ではまだ見つかっていない状態です」。その上で、「多分もう一つこう皮が剥(む)けるというか、一皮剥けたいなって思っています」と更なる成長を口にし、村上は「求道者ですやん。言うてること。ここから一皮剥けてってもう。でもそれを感覚で感じてらっしゃるってことですから、もう我々にもほんとに見えてない世界ですよ、そんなのは」と最後まで感心しきりだ。

もう1人は、フィギュアスケートの次世代エース、17歳の鍵山優真。最大の武器は、羽生結弦も「あれだけ勢いを使ってジャンプを飛べるのは本当にすごいこと」と絶賛した4回転ジャンプだ。急激な成長を遂げる17歳は「前は夢で、自分の夢でオリンピックに出たいなーとか思っていただけなんですけど、今はちゃんと自分の目指すべきものとしてそこにオリンピックがある」と明確な目標と位置づける。

田中大樹プロデューサーは「24分間の激闘には様々な技術、戦術、思いが詰まっていました。フジテレビ柔道チームが総力をあげて作り上げた本作品。2人の証言で戦いを振り返ったのは、この番組が初めてとなります。何度も試合を見て、研究し、インタビューに臨んだ村上信五さんと宮司愛海アナウンサーが、知られざる真実をたくさん引き出してくれました。オリンピックに懸けてきた2人の柔道家のドラマをぜひご覧下さい」と話している。

(C)フジテレビ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング