1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

『仮面ライダー鎧武』CSM企画最新弾、プロト鎧武フェイスプレートやDX未発売のロックシードも

マイナビニュース / 2021年9月16日 8時0分

写真

画像提供:マイナビニュース

『仮面ライダー鎧武』より、劇中アイテムをCSMとして商品化する「CSMプロジェクト・アーク」の第6弾が登場。「CSMロックシード 鎧武セット」(13,420円/税込)として、「プレミアムバンダイ」で2021年9月16日11時から予約受付がスタートする。

大人のための変身ベルト「COMPLETE SELECTION MODIFICATION」シリーズの最新作として、2013年から2014年にかけて放送された『仮面ライダー鎧武』に登場するアイテムをCSM化する「CSMプロジェクト・アーク」第6弾として、「CSMロックシード 鎧武セット」が登場。

セット内容は、作品の主人公である仮面ライダー鎧武のアームズチェンジで使用するロックシード6種と、舞台『仮面ライダー斬月』-鎧武外伝-に登場した「仮面ライダープロト鎧武」のフェイスプレート1種が付属。

「パインロックシード」「イチゴロックシード」「スイカロックシード」に加え、本商品に収録される「フレッシュオレンジロックシード」・「ブラックオレンジロックシード」・「ブラックレモンエナジーロックシード」は、過去DXシリーズとしては未発売のロックシード。

過去発売されたCSMロックシードセット同様、各ロックシード・フェイスプレートはプロップに合わせて造型を一新。ロックシードとフェイスプレートを別売りの「CSM戦極ドライバー」にセットすると、固有の音声が多数発動。

ロックシードに収録される音声内容も一新され、「アームズ落下音」「アームズ展開音」「変身解除音」などを追加。さらに「現世モード」「ヘルヘイムモード」「ジンバー短縮モード」「インベスゲームモード」等の複数のモードを搭載し、モード切替えによって発動する音声が変化する。

「ブラックレモンエナジーロックシード」は、フタパーツの展開内部のロック機構を見直し、発光面からロック用の突起パーツを無くしている。今後発売予定のある「CSMゲネシスドライバー」とも連動し、変身遊びを行うことが可能。

(C)石森プロ・東映

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング