1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. IT
  4. IT総合

半導体製造装置メーカーのASMLが世界のトップブランドに、FutureBrand調査

マイナビニュース / 2021年9月22日 17時29分

写真

画像提供:マイナビニュース

ブランドコンサルタントのFuture Brandが発表した企業ブランドランキング「FutureBrand Index 2021」によると、半導体露光装置メーカーの蘭ASMLが初めてトップに立ったという。2020年トップのAppleは2位に後退。ASMLは2020年の8位から一気に順位を高めた格好である。

また、半導体企業としては、TSMCが2020年版の25位から順位を大きく上げて6位に入ったほか、Intelは、2020年の21位から15位へと上げた一方、Samsung Electronicsは2020年の3位から13位へと大きく後退する結果となった。

FutureBrand Index 2021の上位15社は以下の通り。

ASML (2020年は8位)
Apple (同1位)
Prosus (同11位)
Danaher (同16位)
NextEra Energy (同13位)
TSMC (同25位)
Kweichow Moutai (同5位)
Ping An Insurance (同15位)
Reliance Industries (同2位)
Microsoft (同7位)
Amazon (同24位)
トヨタ自動車 (同14位)
Samsung Electronics(同3位)
Tesla (同23位)
Intel (同21位)

なお、FutureBrand Index 2021の調査は2021年7月基準のグローバル時価総額上位100社について、企業の目的(将来性)と過去の認知度(実績)を評価した形となっている。具体的な評価項目は、製品やサービスの優位性、製品やサービスの革新性、信頼性、資源管理、顧客のブランド依存度、ライバルとの差異化、リーダーシップ、パーソナリティ、成長ストーリー、一貫性、人的資源、市場評判、健康志向、生活向上度など18項目に及ぶという。

ちなみに16位から100位までの企業のうち半導体関連企業としては、以下の4社が含まれている。

22位:NVIDIA (同4位)
74位:Qualcomm (同66位)
84位:Broadcom (同43位)
99位:Texas Instruments (同95位)

また、日本企業としては、12位のトヨタのほかに、以下の2社が含まれる。

27位:ソニー (同100位圏外)
79位:ソフトバンク (同100位圏外)

2020年まで100位以内に入っていたNTTおよびNTTドコモは、100位圏外へと消えている。

FutureBrandによると、TSMCは18項目中15項目でSamsungより優位に立ったという。また、この評価が始まった2014年以降、Samsungがトップ10から外れたのは今回が初めてだという。Samsungは、調査開始年の2014年に5位を獲得、その後も2016年は3位、2018年は9位、2020年は3位と、トップ10常連であったが、今回、一気に順位を下げることとなった。今後の成長性に関して、多くの調査対象者がTSMCに軍配を上げたことも要因の1つと見られる。

なお、ASMLが世界の企業ブランド力が1位になったのは注目されるべきことであると思われる。半導体製造用のEUV露光装置は、同社のシェア100%、つまり一社独占で、半導体メーカー各社が我先に入手しようとしており、製造が追いついていない状況にある。そんな同社は、ほとんどすべての評価項目で高得点を得た結果、1位を獲得したという。
(服部毅)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング