1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. IT
  4. パソコン

今週の秋葉原情報 - ファンレスX570マザーに新モデル、東映ランドは惜しまれつつ閉店へ

マイナビニュース / 2021年9月28日 21時14分

写真

画像提供:マイナビニュース

●GIGABYTEからファンレス版のX570マザー
○ファンレスX570マザーにAorus新モデル

GIGABYTEの「X570S Aorus Elite AX」は、ファンレスのAMD X570チップセットを搭載したマザーボード。Aorusシリーズの中ではスタンダードなモデルとなるが、Dr.MOSの12+2フェーズ電源、ヒートシンク付きのM.2×3スロット、Realtek 2.5GbEとAMD Wi-Fi 6Eなど、スペックは強力だ。価格は36,000円前後。

○ランダム性能が強化されたM.2 NVMe SSD

Corsairから、PCI Express 4.0に対応したM.2 NVMe SSDの新シリーズ「MP600 Pro XT」が登場した。3D TLC NANDフラッシュを採用したモデルで、従来製品「MP600 Pro」と比べると、シーケンシャル速度は同等なものの、ランダム性能が大幅に向上している。価格は、1TBが25,500円前後、2TBが52,500円前後、4TBが131,000円前後。

また、空冷ヒートシンクを水冷クーラーに換装した「MP600 Pro XT Hydro X Edition」もラインナップ。SSDとしてのスペックは空冷版と同じだが、水冷システムと組み合わせ、より強力に冷却できるだろう。容量は2TBと4TBのみで、価格はそれぞれ、 55,500円前後、132,500円前後だ。

●これで見納め? 窓辺とおこキャンペーン
○タッチパネルも備えた65%キーボード

ASUSの「ROG Falchion NX」は、65%サイズのコンパクトなゲーミングキーボード。スイッチは「ROG NX Red」を採用しており、素早い入力が可能だ。左側面にはタッチパネルも備え、音量調整やアプリ切り替えを簡単にできる。接続は有線/無線両対応で、バッテリ駆動時間は最大450時間(RGBオフ時)と長い。価格は17,000円前後。

○ハニカム/無穴が切り替えられるマウス

Sharkoonの「Light2 180」は、左右対称デザインで利き手を選ばない軽量ゲーミングマウス。ハニカム構造により、重さはわずか63gに抑えられており、長時間のゲームプレイでも疲れにくい。埃が気になるときは、無孔式カバーへの換装も可能だ。解像度は最大12,000dpi。カラーはブラックとホワイトで、ツクモでの価格は5,479円。

○ついにLANケーブルもゲーミングに

ASUSから、ゲーマー向けという10GbE対応LANケーブル「ROG CAT7 Cable」が登場した。コネクタ部にROGのロゴが入っているほか、シールドを二重にしたことで、通信品質の低下を防ぐことができるという。ケーブルの長さは3mで、発光機能などは特に用意されていない。Amazon.co.jpでの価格は4,089円。

○DSP版Windowsで窓辺とおこグッズをゲット

ドスパラにて、「DSP版Windows 10を買って窓辺とおこワイヤレスカードスピーカーGETキャンペーン」が実施中だ。10月7日までの期間中に、対象のDSP版Windows 10を購入すると、窓辺とおこが両面にプリントされたワイヤレスカードスピーカーをプレゼントするというもの。限定数に達したら終了とのことなので、欲しい人は急ごう。

・キャンペーンのWEBサイト
https://www.dospara.co.jp/5info/cts_windows10_toko2

●東映ランドが閉店へ、今後はWEB販売に移行
○東映ランドが10月末で店舗営業を終了

この連載でもお馴染みだった東映ランドの閉店が決まった。同ショップは、2013年8月にオープン。狭いながらも、フラッシュメモリや面白ガジェットなど、ユニークな品揃えが特徴的で、いつも立ち寄っていたという人も多いだろう。10月31日をもって店舗営業を終え、WEB販売事業として後日再スタートするという。

同ショップでは、10月31日まで在庫一掃の閉店セールを開催。通常よりかなりお買い得な掘り出し物もあるだろうから、無くならないうちに、店舗へ急ごう。
(大塚実)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング