睡眠中の咳や寝起きの喉の痛み……これに気を付ければ大丈夫!?

nemgym(ネムジム) / 2014年10月30日 22時30分

写真

睡眠中の咳や寝起きの喉の痛み……これに気を付ければ大丈夫!?

風邪でもないのに、喉の調子が悪い。睡眠中に咳をして眠りが浅かったり、朝は声がガラガラだったり……。そんなふうにお悩みの方は意外に多いようです。 なぜ、睡眠中に咳をしたり喉の痛みを感じたりすることがあるのでしょうか。睡眠と喉の健康の意外な関係に迫ります!

睡眠中の咳や寝起きの喉の痛みにはこんな原因があった!

睡眠中の咳や喉の痛みにはいくつかの原因がありますが、最も多いのが乾燥からくるものです。冬の時期はもちろん、寝苦しい夏場もクーラーなどの影響で知らない間に喉が乾燥してしまうのです。 喉が乾燥すると風邪も引きやすくなるため、慢性的に風邪を引いているような喉の痛みやダルさを感じるようになるでしょう。 また、口呼吸をしながら眠ってしまっている可能性もあります。眠っている時に口を全開にして口呼吸をしている人が多いですが、それを鼻呼吸に切り替えるだけで悩み解決へ一歩前進するかもしれませんよ。

寝ている間もしっかり確認! 口呼吸チェック

「私、もしかして口呼吸なのかな!?」と思っても寝ている間のことは本人にはわかりませんよね。実は昼間も口呼吸をしている人は、就寝時も口で呼吸している可能性大! そこで、口呼吸をしているかを簡単に判定してみましょう。 【真実を知ろう! 口呼吸チェック】 □起床時、喉がヒリヒリと張り付くような感じがする □自分のイビキで目が覚めることがある □鼻を意思通りに動かせない □音をたてて食事をしてしまう □集中している時に口を開けている癖がある □唇が常に乾燥している 6項目のうち3項目以上該当していた場合、主に口呼吸を行っている可能性があります。口呼吸は細菌やウイルスをそのまま吸い込むので病気にかかりやすかったり、就寝時のイビキや無呼吸などを誘発したりします。 まずは起きている日中に鼻呼吸を心がけ、口呼吸から卒業してくださいね。

今夜からできる! マスクを活用した喉ガラガラ防止策

明日にはこの喉の不調を取り除きたい! そんな方には、就寝時のマスクの着用をオススメします。とはいえ、マスクを着けていると苦しい感じがして寝付けない…… という声も。そんな方に、朗報です! 現在は就寝時用のマスクが発売されています。肌ざわりが良いメッシュ生地、耳にかけるゴム部分もアジャスター付きで長時間着けていても痛みが生じにくくなっています。息を吸い込むと、フィルタで空気を温めるので喉に負担をかけないという効果のものもあります。

まずは自分の喉の不調がどこにあるか、きちんとチェックしてみてくださいね。喉や呼吸器の病気の場合はお医者さんに相談しましょう。

Photo by ashley rose

nemgym(ネムジム)

トピックスRSS

ランキング