睡眠リズムを整えるために「1日の中で気を付けたいこと」とは?

nemgym(ネムジム) / 2014年11月11日 8時0分

写真

睡眠リズムを整えるために「1日の中で気を付けたいこと」とは?

毎日決まった時間に寝たいけれど、なかなかそうはいかないというのが現実ですよね。一度生活リズムが崩れてしまうと、どんどん崩れていってしまうもの。そこで今回は、リズムを整える方法を紹介したいと思います。

睡眠リズムを整える

寝る時間も起きる時間も毎日バラバラで、睡眠リズムなんてあったものではない、という方もたくさんいると思いますが、そうするとどうしても体調を崩しやすくなったりしますよね。簡単に睡眠リズムを整えられる方法はないのでしょうか? 睡眠リズムを整えるためには、まず「体内時計の構造」を知る必要があるようです。私たちは1日=24時間の中で生活をしていますが、体内時計は24時間ではありません。1日のうちに十数分ずつズレていくという不完全な時計であることがわかっています。

体内時計を知る

1日のうちに十数分ずつズレていくわけですから、何も調整しなければ、毎日どんどんズレていって、そのうち丸1日分ズレてしまう、なんてことになってもおかしくないわけです。 そうならないように、人は体内時計を毎日調整するわけです。その方法は日光を浴びたり、決まった時間に食事をとったり運動をしたりするというもの。特に、光による体内時計の調整には不思議な特徴があると言われています。それは次のようなものです。 早朝~昼に浴びる光⇒ 体内時計を進める 夕方~深夜に浴びる光⇒ 体内時計を遅らせる

具体的な方法を紹介

こういった特徴などを考慮した、1日の中で睡眠リズムを整える方法はたくさんあります。 ・毎日、規則正しい時間に就寝する ・朝も定時に起きて、日の光を浴びる ・朝食をしっかりとって、脳にエネルギーを供給する ・日中は日の光を浴びて、適度な運動をする ・短時間の昼寝をとることも効果的 ・就寝の2~3時間前に入浴する ・寝る前にスマホやパソコンなど光の強いものを見ない ・寝る前はアルコール、タバコ、カフェイン飲料をやめる

以上です。睡眠リズムが乱れていて、毎日疲れがとれないという方はぜひ一度、上記の方法を試してみてください!

Photo by Gabriela Camerotti

nemgym(ネムジム)

トピックスRSS

ランキング