睡眠の質をアップする、上手なストレスコントロールの仕方とは?

nemgym(ネムジム) / 2014年11月17日 12時0分

写真

睡眠の質をアップする、上手なストレスコントロールの仕方とは?

毎日、朝から晩までストレスだらけだと感じているあなた、夜はぐっすり眠れていますか? ほとんどの人は「NO!」でしょう。そこで、ストレスを上手にコントロールして、睡眠の質をアップできるコツをご紹介します。

ストレスはいつでもNG?

ストレスというのは、いろいろなことで感じるものです。それは、必ずしも悪いことに直面したときばかりではありません。例えば、結婚や出産といった、それ自体は「ハッピー!」と思える喜ばしいことであってもストレスは感じるものです。 でも、残念ながら、現実はそんなことばかりではありませんよね。学校や職場で嫌なことがあったりしたら、それが何日も頭の中に残って、ストレスが高じることもあるかもしれません。 そうなると、ずっとそのことを考え続けて、頭も心もガチガチになってしまい「同じことばかりを考えて、夜もぐっすり眠れない!」ということになってしまうかもしれません。

ガチガチになっていませんか? あなたの頭と心

もしかしたら、考えてもどうにもならないことをグルグル考え続ける。それが、あなたの思考パターンになっていませんか? そんなとき、どうしたらガチガチになった頭と心をほぐせるのでしょうか? 厚生労働省の「みんなのメンタルヘルス」というサイトによると、ストレスを感じるときは、物事を固定的に考えてしまっている場合があるそうです。 つまり、「必ず、○○をしなければならない・○○でなければならない」→「うまくいかない」→「強いストレスを感じる」→「今日も眠れない」という悪循環に陥ってしまうのです。その結果、問題点やダメだと思う点ばかりに注意が向き、自分を苦しめて眠れない夜が続くことになるんですね。

ガチガチな頭と心をほぐして、睡眠力をアップ!

ガチガチになって自分を苦しめる前に、できるだけ思考パターンを変えるようにしましょう。例えば、何か失敗したり、うまくいかなかったことがあっても、視点を変えて考えてみれば、気持ちが楽になることがあります。 また、「自分は、ダメな人間だ!」とか「決して状況は変わらない」といった、極端な考え方を避けるのも有効です。困ったこと、辛いことがあったら、信頼できる誰かに相談してみましょう! また、自暴自棄になって、暴飲暴食しても、結果的に自分を傷つけるだけです。辛いときでも、健康的な食習慣を続けることは大切です。 心地よい睡眠は、ストレスを上手にコントロールすることから。

あなたも、さっそく始めてみませんか?

Photo by Andrada Radu

nemgym(ネムジム)

トピックスRSS

ランキング