ボディクロック(体内時計)が乱れる? スマホのスヌーズ機能の危険性

nemgym(ネムジム) / 2014年12月17日 19時30分

写真

ボディクロック(体内時計)が乱れる? スマホのスヌーズ機能の危険性

スマホのスヌーズ機能ってとても便利ですよね? ちょっとした二度寝がしたいという人にはピッタリかもしれません。でも、そのせいでスッキリ目覚められないという人も。どうしてスヌーズ機能が良くないのかご紹介します。

賛否両論あるスヌーズ機能

毎朝起きるとき、スマホのアラームで起床している人はいませんか? スヌーズ機能を利用すると、「二度寝をするリスクが減る」「二回目に鳴ったら起きられる」といった便利な面もありますが、「かえって二度寝をしてしまう」「スヌーズを忘れたせいで鳴ってしまった」という声もあります。 スヌーズ機能は賛否両論がある機能ですが、眠りの質を考えるとあまり好ましいものではないようです。実は、ボディクロック(体内時計)が乱れてしまう可能性があるという研究結果が明らかになりました。

スヌーズ機能はボディクロック(体内時計)が乱れる原因!?

スヌーズ機能が危険であることを発表したのは、アメリカで睡眠医学を専門に勉強するMichael Breus氏。彼は、10分程度の二度寝が、ボディクロック(体内時計)の乱れと目が覚めた後のモヤモヤ感を引き起こすことを指摘しています。その理由は、脳が覚醒状態であるレム睡眠が関係しているとのことです。

スッキリ起きるためには、二度寝をしないこと!

朝目覚めるたびに、「あと10分……」と言って短い時間の二度寝を繰り返していませんか? 実は、こうした寝方をしてしまうと、ボディクロック(体内時計)が乱れてしまうと考えられています。 スマホのスヌーズはちょっとした二度寝に効果的な機能ですが、いつも甘えているとボディクロック(体内時計)がおかしくなってしまう可能性があります。その結果、起き抜けからしばらく経ってもモヤモヤが収まらず、一日を気持ちよく過ごせないかもしれません。 ぐっすり眠ってスッキリ起きるには、ちょっとした二度寝は控えることがポイント。スヌーズに頼り過ぎず、一回で目を覚ます習慣をつけましょう! 【参考】 Women'sHealth『What Happens to Your Body When You Hit the Snooze Button』   photo by rick--hunter

nemgym(ネムジム)

トピックスRSS

ランキング