【フミングアウト】朝食つくるのなんて朝飯前でしょ!「おにぎらず」編

nemgym(ネムジム) / 2014年12月24日 19時30分

写真

【フミングアウト】朝食つくるのなんて朝飯前でしょ!「おにぎらず」編

多忙すぎる毎日、対人ストレス、ついつい摂取しすぎてしまうアルコールにカフェイン……。健全な生活には程遠く、自律神経も体内時計も故障ぎみになってしまうのが現代生活。そんな中でも快適な眠りを切望してやまない人々の、努力と格闘の記録をお届けします。

「朝食」と「眠り」って関係あるの?

朝食をきちんと食べるとよく眠れるらしい。というと、「寝るのは夜なのに、なんで朝食が関係あるの?」と思うのだが、理屈はこうだ。朝シャキッと起きて(まあ、そもそもそれができないから困っているのだが)、ビシッとごはんを食べれば、体内時計が「朝! キターーーーッ!」とハイテンション(たぶん)に動き出す。 こうやって朝に体内時計をしっかり起動させることで、夜にはちゃんとお休みモードに切り替わるという仕組みらしい。納得。寝ているか起きているかわからない状態で午前中を過ごしていたら、体内時計も正しく働かないということだ。

とりあえず、朝食を作ってみた

そうと分かれば、やってやろうじゃないの。朝を実感してやろうじゃないの。ゴージャスな朝食を体の隅々までゆきわたらせて、ばっちり目覚めてやろうじゃないの。 ふだんはヨーグルトとバナナくらいだけど、さすがにそれじゃ体内時計もバッテリー不足で動かないだろう。よし、これを機に朝のメニューを超豪華にしてみるか。 エッグベネディクトに野菜たっぷりのスープにサラダにフルーツも添えて……。なんならウッドデッキのテラスで(そのようなものがあればの話だが)、朝の光を浴び、鳥の声を聞きながら優雅に……(以下妄想)。 というわけで翌朝、いつもより30分早く起床。これがけっこうつらい。っていうか、この時間を睡眠にあててはだめなのか? しかしそこは我慢して眠さをこらえながら台所に立つ。 朝食メニュー 〈朝食メニュー〉 ○鶏肉の照り焼き。 ○味噌汁。 ○一枚海苔の上にごはんと納豆を乗せて包む(いま流行の「おにぎらず」をつくってみたかった)。 以上、おわり。

食べる時間が足りない……

いや、優雅な朝食とは言ってみましたが……、言い訳ではありませんが、そもそも料理を平行して何品もつくるなんて、脳みそフル活用しないとできませんよ。 それを朝飯前にやれなんて、おかしいでしょ!……という矛盾の結論に(無事)至ったわけです。だから煮るだけ、焼くだけ、包むだけ。要はしっかりたっぷり食べればいいんでしょ? しかし、勢い込んで食べ始めたそこにも誤算が……。まず、いつものように5分で完了というわけにもいかず、とてもじゃないが食べる時間が足りない。 多少張り切ってしまったせいか「こんなにたくさん食えるか!!」レベルの量。味わうどころでなく、ほとんどノルマとして全部食べ終わると、ホッとして一瞬眠くなる……いや、眠くなりたいのは今じゃないし!というわけで、優雅に過ごすはずの朝のひとときは、若干不愉快な気持ちで過ぎていったのでした……。

意外にも、午前中の仕事の効率は上がった!

さて、しっかり朝食をとった結果、午前中いつも途中でおなかが空いて気が散ることが多いのだが、この日はそれもなく仕事に集中できました。 早起きによる睡眠不足も心配していたが、日中の眠気もなく快適。まあ、30分くらいの早起きは誤差のうちと考えてもいいのかも。こう考えると、しっかり朝食を習慣にするというのはメリットが多そう。 ちなみに夜は、飲んで帰ってそのまま寝てしまったので、夜の入眠効果についてはわかりませんでしたとさ。(この翌日にも朝食をしっかりつくって食べなくてはいけないというのはなかなか辛いな……)。 次回は、チャレンジ2:憧れの「さわやかな朝」、実現なるか ---------------------------------------- 寝夢 恋子(ねむ・れんこ) 寝夢 恋子(ねむ・れんこ) <プロフィール> 仕事も遊びも睡眠も妥協したくない女性誌編集者。快楽主義とは言わせません。

nemgym(ネムジム)

トピックスRSS

ランキング