1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

「私たちのルーツは常に王道のロックンロールにある。みんなが携帯電話のスイッチをオフにして、踊りたくなるような音楽を作りたいという、その芯はブレていない」Interview with Black Honey about “Written & Directed”

NeoL / 2021年3月25日 17時0分

「私たちのルーツは常に王道のロックンロールにある。みんなが携帯電話のスイッチをオフにして、踊りたくなるような音楽を作りたいという、その芯はブレていない」Interview with Black Honey about “Written & Directed”

 

ヴァンパイアのような鋭い牙を持つバンド・サウンドと、フロントを飾るイジーのインディペンデントで美しい存在感で、孤高の輝きを放つ、ブラック・ハニー。ここ日本でも2016年のサマーソニック出演で熱狂を呼んだ彼らが、最新アルバム『Written & Directed』を完成させた。タイトル通り、剥き出しのバンドのエモーションを感じる作品。イジーがアルバムに込めたストロングな思いを語ってくれた。(→ in English)


ーー2016年にサマーソニックでの来日公演はとても印象的でした。当時のことは覚えていますか?


イジー「もちろん! とても美しくて、ユニークな体験でした。バーで飲み明かしたり、ラーメンを食べ、いろんな場所にも行った。私たちにとって、未知の世界のようでありながらも、なぜかホームにいるような心地よさも感じました」


ーーあれから5年の月日が経過しました。クイーン・オブ・ザ・ストーン・エイジのツアーのサポートを務めるなど、多忙な月日だったと思いますがいかがでしたか?


イジー「この5年をひと言で表現するなら"ワイルド”。私たちは2つのアリーナツアーを含めて、信じられないくらいの量のパフォーマンスをこなしてきたんです。今振り返ると、夢のような時間でした。ロックダウンによって思い通りにライヴができない今となっては、あの経験が実に素晴らしいものだったのかを再確認しています」


ーーロベルト・カヴァリのコレクションでもパフォーマンスされましたよね?どんな印象でしたか?


イジー「実は、あの時自分たちに何が起こっているのかわからなかったんです。前日にフランスでライヴを終え、車でミラノまで移動してショーに出演するという強行スケジュールで、(このショーに関わった日は)1時間くらいしか睡眠できなかったから。会場に到着するとバンド名が壁の至るとことに貼られていて、そこで私はデボラ・ハリー(ブロンディ)のようなミニドレスと、レトロなブーツというコスチュームを纏って、ロックンロール・シンデレラのような気分を味わったんです。最後にはクリエイティブ・ディレクターであるピーター・デュンダスに誘われてランウェイを歩くこともできた。その後、関係者と打ち上げをして、ミラノのカフェで朝食をとって終了するという、ジェットコースターのような1日だったことを覚えています」


ーーこの5年の間、イジーはロック・ミューズとしてさらなる魅力を得たように思います。この5年で変化はありましたか?


イジー「常に飾りのない自分を表現することだけを考えてる。この音楽界において大切なことは、何かに流されないということだと思うんです。また固定したイメージを作り出すのは本当に大変なこと。だって人は日々成長し、進化していくものだから。でも、私たちのルーツは常に王道のロックンロールにある。みんなが携帯電話のスイッチをオフにして、踊りたくなるような音楽を作りたいという、その芯はブレていない。このバンドは、それがありきで活動しているし、ロックンロールと共にこれからも続いていくと思います」







ーーそして完成したアルバム『Written & Directed』。タイトルからしても、エモーションが伝わってくるものですね。


イジー「この作品は、最もバンドの芯を捉えた作品になったと思います。私たちの音楽的な主張だけでなく、みんなをここではない場所へ導いてくれる効果があるような、映画の主人公になったような気分を味わえるものになったんじゃないでしょうか」


ーー全曲、どれもバンドの息遣いが伝わる「生」な音ですよね。


イジー「リスナーのみんなが、私たちのことをリアルに感じてもらえる音にしたかった。まるで私たちがみんなの部屋で音をかき鳴らしているような臨場感をアルバムに投影させたかったし、思い出をスクロールしているようなイメージを与える音にもしたかった」





ーーこれまでの作品との違いは?


イジー「前作に比べて、より“ヘヴィー”な音に進化したと思います。今回は、何度もレコーディングを繰り返し、自分たちが納得できる音をとことん追求しました。おかげで、とても完成度の高い、誇りを持てる作品になった。貴重な経験ができたと思っています」


ーー制作期間にロックダウンの影響もあったのでは?


イジー「実は、ラッキーなことにロックダウンになる前にレコーディングを終了させていたから、何も影響がなかったんです。でも、収録曲の“Disinfect”(消毒)は、今の状況を予見しているような内容になっていて。これは2019年の夏に書いたものなんだけど、『私たちは、暴力に取り憑かれたウイルス』というフレーズはまさに今を言い当ててる感じ。予言者なのかも(笑)。でも、こういう考えや恐れを以前から抱えていて、それがフレーズに反映されただけなのかもしれない」


ーーアルバムにゲスト・ミュージシャンは参加されているのでしょうか?


イジー「ナッシング・バット・シーヴスのドム(ギター)が“Back of the Bar”という楽曲で参加してくれました。そこで私は、ザ・リバティーンズのカール・バラーなどと一緒に死ねたら最高って書いて。あと、ロイヤル・ブラッドのマイク・カーと一緒に“Run for Cover”も制作してます」









ーー今回のミュージック・ヴィデオを拝見していると、1960~70年代のサイケデリックやヒッピーな雰囲気が漂っている気がしたのですが、その影響は音作りにも反映?


イジー「『ダスティ・スプリングフィールドがメルトダウンしたような音楽』と評されたことがあるんだけど、まさにその通りだと思いました(笑)」


ーーアルバムではホーンを取り入れた楽曲なども収録。バンド・サウンドだけでない要素も感じました。


イジー「私たちは、ブラス・アレンジが大好き。でも、最近のロックでは、それを取り入れたものが少ない気がしたから、ここでオリジナリティを表現できるんじゃないかと思って」


ーー“Summer Of ’92”はタイトル通り1990年代テイストを感じるナンバーですね。


イジー「この楽曲で1960年代の『サマー・オブ・ラヴ』のムーブメントの感覚、そして90年代のニルヴァーナを聴きながらスケートボードをするような雰囲気をコラージュさせたような音楽を作りたかったんです」





ーー“I Like The Way You Die”は、ノイジーなギターが印象的なとてもエキサイティングなナンバーですね。


イジー「私は悪役の女性が大好き。彼女たちの存在は美しく、そして観ている者にパワーを与えるから。そんな彼女たちの魅力を異なる角度から表現してみたいと思いました。結果、強烈に美しい炎に包まれた女性像を描けたんじゃないかな」
 

ーーこの楽曲のミュージック・ヴィデオは、女性がヴァンパイアに変身するというユニークなものですが、このヴィデオのコンセプトは?
 

イジー「2017年に公開されたホラー映画『THE LOVE WITCH』の世界にインスパイアを受けて制作したヴィデオ。女性の持つ力を遊び心あふれる感覚で表現できたというか、それぞれ異なる欠点や美しさを放つヴァンパイアを描くことができたと思う」
 

ーーアルバム全体を通じて伝えたいことは?
 

イジー「みんなには、好きなように世界に足を踏み入れてもらいたい。いじめに立ち向かうような、逞しさを身につけてもらえたら嬉しいな」
 

ーー2021年はどんな活動を?
 

イジー「日本をはじめアジアの各地をツアーするという目標があります。出演が予定されているフェスやイベントでちゃんとパフォーマンスがしたい。そこで思いっきり、みんなとハグしたりクラウド・サーフィンをして、たくさんの友人を作りたいです。きっと、その夢は実現すると思ってます」
 

ーー日本のファンへメッセージをください。
 

イジー「このロックダウンが終わったら必ずみんなの元に戻るから、その時のためにちゃんと準備しておいてね。よろしく!」
 






Photography Laura Allard Fleischl
text Takahisa Matsunaga
 




Black Honey
『Written & Directed』
Now on Sale
https://blackhoneymusic.bandcamp.com/album/written-directed





 

―You guys came to Japan in 2016 for Summer Sonic. Do you remember what your experience was like? What did you feel was special during your visit?
 

Izzy : It was such a beautiful surreal experience, we stayed up late drinking whisky in secret bars, ate ramen every day and wandered around the sights. It felt like another world but at the same time familiar to things from home.
 

―4 years has passed now, and you’ve released your 1st album in 2018, supported Queens of the Stone Age, you’ve become the faces and soundtrack of Roberto Cavalli’s show, and I believe the band has gone through many experiences. What were these 4 years like for the band?
 

Izzy : They were WILD! We toured the world did 2 arena tours, got to watch some unbelievable live shows and Queen even turned up at our electric ballroom show. Sometimes it all just feels like a dream. Lockdown has been hard but we have made memories we will never forget!
 

―Please tell us what your impressions were for the Roberto Cavalli’s show.
 

Izzy : We had no idea what to expect to be honest, we arrived in Milan having driven from our French show and had one hour’s sleep. We got to the venue and There we were! A Warhol factory had been built as a set with black honey plastered across every wall! It was unreal. We got dressed in custom couture, they made me a pink Debbie harry inspired sequin mini-dress with matching retro boots! I felt like a rock and roll Cinderella! We had beers with all the models and peter Dundas invited us to walk down the runway with him at the end of the show! To finish off the trip we went to the Wes Anderson café in Milan for breakfast it was a ride!
 

―I also have the impression that Izzy represents the image of a band that is independent and has a strong core. How has the band dealt with the image that they have acquired over the past four years? How did it’s strength and emotions evolve and change?
 

Izzy : We always just try and be authentically ourselves. It’s so important in this world to not get trampled on artistically. Having an image is hard, we as people are always growing and evolving. Although, I feel at our roots we are retro rock and rollers to the core. Our friendship is what comes first and living for the moment runs alongside that. I want people to switch their phones off and dance with their friends in their bedrooms to Black Honey.
 






―And now, the album “Written & Directed” is complete. The title already gives the album a very emotional impression. Why did you choose this title?
 

Izzy : It’s the most Black Honey album title ever! It represents not only an artistic autonomy but also a story and journey that we want to welcome you in to. I think we all just want to feel like we are living in a movie, don’t we?
 

―The band’s sound is thoroughly “raw” in every song. Is there a reason behind this?
 

Izzy : Yeah, we wanted to make it feel really real like you were in the room with us as everything was happening but at the same time sound like rolling credits to a memory.
 




―What is the difference from your previous album “Black Honey”? Both in terms of production process, and motivation.
 

Izzy : I guess we went “heavier” on this record which is closer to our roots I suppose. I’m so proud of everything we have made. Recording this record was a total blast and I would do it all again tomorrow. I feel pretty lucky to have come out of an experience like that and also love what we have made.
 

―Did the lockdown impact the production in any way?
 

Izzy : No, we finished the album just before lockdown thankfully! Although there is this song that I like to think was a premonition called “Disinfect” that I wrote in summer 2019 where the lyrics are weirdly relevant. “Disinfect the disaffected” is the chorus and I also say “we are just a virus, addicted to the violence” maybe I can predict the future? Or maybe we all deep down knew something like this was coming.
 

―Are there any collaborators other than the band?
 

Izzy : Yeah loads, for this record Dom from Nothing but Thieves helped on a song called Back of the Bar and I wrote I like the way you die with Carl Barrat from the Libertines and Olly from the Prodigy. I also write a lot with Mike Kerr from Royal Blood we did “Run for Cover” together.








―Looking at your music videos, the visuals seem to be a mixture of 60s and 70s psychedelic hippie style and gothic atmosphere. What kind of human figure, or artist do you portray on this album?
 

Izzy : I would say that’s pretty spot on. Someone said once that Black Honey is like Dusty Springfield having a meltdown. I kind of like that haha!
 

―Not only was the band’s wild side impressive, but also its ennui on “I Do It To Myself” and “Summer ‘92”. “Fire” also made full use of horns and other elements to create a more expansive tone. Are there any new expressions you were able to express on the album?
 

Izzy : Yeah, I loved all the brass arrangements. I don’t think many modern rock records are doing this sort of thing so I feel proud that it’s a part of what have made.
 

―By the way, why is the title “Summer ‘92”? I thought it had a the early 90s.
 

Izzy : Yes! I wanted to do a modern twist on the “summer of 69” feeling. I talk about 90s things like skating and listening to Nirvana. This song was like a collage of the 60s and 90s to me.
 




―Please tell us about “I Like The Way You Die”. It’s a very exciting song, including the roaring guitar sound and the lyrics. What thoughts/feelings did you put into this song?
 

Izzy : I love the idea of a female Villain. I think it’s beautiful and empowering. I like to deconstruct the way women are portrayed in the media and show them how I see them. Fierce beautiful and full of fire.
 

―The music video which features a number of women turned vampires, is also interesting. What was the concept behind this video?
 

Izzy : We wanted to create a video inspired by retro ham horror movies and “the Love Witch” where we explored female empowerment in a playful way. So, we made a coven of diverse vampires who all have their own flaws and beauty.
 

―What is the message you want people to feel throughout the album?
 

Izzy : I want people to put on their favorite pair of shoes stomp to work. Or Stand up to a bully in school or find their worth through a fierce song!
 

―What kind of year do you want 2021 to be, starting with this album?
 

Izzy : In a dream world, it would be loads of touring, especially Japan and the rest of Asia. I want to play all of the festivals we have been booked for in the past again! I want to kiss fans and crowd surf then drink in local bars with new friends all around the world.
You never know it could happen!
 

―Finally, a message for Japanese listeners.
 

Izzy : Yoroshiku! Come add us on LINE we are chatting to everyone! When Lockdown is over we are coming to play you the show of your life!!! Be READYY!!! We love you.
 




 

Photography Laura Allard Fleischl
text Takahisa Matsunaga

関連記事のまとめはこちら


https://www.neol.jp/music-2/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング