1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

1年間にわたって繰り広げられるCollective Study (協働研究) 「Goldwin 0」。哲学とアーカイブからインスピレーションを受けたコレクションが登場

NeoL / 2023年11月16日 18時0分








Goldwin (ゴールドウイン) ブランドが展開する実験的なプラットフォームGoldwin 0 (ゴールドウイン ゼロ) は、プロジェクト始動より続けてきたキャンペーンEnquiry(探求)の最新版となる#5.2を2023秋冬コレクションと同日にリリース。

この探究は、互いに結びついたエピソードや出来事の横断的なネットワークとして、1年間にわたって繰り広げられるCollective Study (協働研究) 5.1〜5.4の中の#5.2となる。


その目的は、様々なクリエーターと協働するための新たな仕組みを構築すること。制作の場であり、実験の舞台でもある「レジデンス」という創造的な空間の中で、それぞれの規律と実践が共存する。それは、プロトタイプを構築し、アイデアを発展させ、新しい実践の形を探求する機会となりえると考える。












Enquiry #5.2ではこれまでのEnquiry同様、多くのクリエイターとの共創を実現している。
新たにデザインディレクターとして迎えたNur Abbas(ヌー・アバス)による、Goldwinのデザイン哲学とアーカイブからインスピレーションを受けた2023秋冬コレクションでは、OK-RMのクリエイティブディレクションのもと、Miraj Patel9(ミラージ・パテル)がEnquiry #5.2のモデル撮影のフォトグラファーとして参加した。Miraj Patelは新進気鋭のアーティストであり、Nur Abbasとともにデザインも担当。


さらに英国で詩人として活躍するLila Matsumoto(リラ・マツモト)による詩と、英国のピアニストThe Vernon Spring(ザ・ヴァーノン・スプリング)が手掛ける音楽を、日本の若手アーティストであるH. Takahashi(エイチ・タカハシ)がミックスしたオリジナル楽曲を作成した。
Enquiry #4に引き続きDaisuke Hasegawa(ダイスケ・ハセガワ)が担当した映像プログラミングとが組み合わさり、Goldwin 0の今回のテーマであり、パリ在住のアーティスト Karl Nawrot(カール・ナウロ)が具現化した、Goldwin本社に実在する扉から開かれる’Residence’(レジデンス)の中であらゆるクリエイティブが共に表現し、そしてそのアウトプットである2023秋冬コレクションをつくりだしていく様子を描いている。


2023秋冬コレクションはNurとGoldwinデザインチームが、 Goldwinのものづくりの歴史とアーカイブ、先端のテクノロジーと技術を徹底的にリサーチし、アイテム数、生産数を限定したカプセルコレクションとして展開。

OK-RMが監修する「Enquiry #5」とNur Abbasを迎えての初のデビューコレクションとなる、2023秋冬コレクションは2023年11月17日にリリースされる予定。




































































Goldwin 0 | ゴールドウイン ゼロ
https://www.goldwin-0.com/jp/
https://www.instagram.com/goldwin_0/
【取り扱い店舗】
Goldwin Harajuku / Godwin Marunouchi / Dover Street Market Ginza Coverchord / H Beauty&Youth / Museum Ark
Dialogue / Wonder Mountain / Dice&Dice



【お問い合わせ先】

ゴールドウイン カスタマーサービスセンター
Tel:0120-307-560

関連記事のまとめはこちら


https://www.neol.jp/fashion/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください