未解決事件を描く衝撃作。もしも自分の家族が殺人事件の犯人だったら?

NeoL / 2014年12月11日 20時57分

写真

未解決事件を描く衝撃作。もしも自分の家族が殺人事件の犯人だったら?



11月8日より日本でも公開されていた『殺人の疑惑』が早くもDVD化!



15年前、韓国全土を衝撃で包んだ“ハン・チェジン君誘拐殺人事件”。公訴時効を目前に控え、公開された犯人の肉声に、ダウンは父・スンマンの存在を感じてしまう。そんなはずはないと思いながらも気になって仕方がないダウンは、父親の過去を調べ始める。やがて、知れば知るほど自分には聞かされていなかった事実が次々と明らかになり、父親への疑いはさらに強まっていく――。



ポン・ジュノ監督による『殺人の追憶』など、数多くの作品のモチーフにもなっている韓国三大未解決事件。その中のひとつイ・ヒョンホ君誘拐殺人事件からインスピレーションを得て制作されたという本作。実在の事件を基に描かれる、新たな衝撃作の残酷な結末とは?


殺人の疑惑
監督・脚本:クク・ドンソク
出演:ソン・イェジン、キム・ガプス
(2013年/韓国)
発売元:CJ Entertainment Japan 販売元:パラマウント ジャパン
価格:3,980円(+税)
12月24日発売

関連記事のまとめはこちら


http://www.neol.jp/culture/

NeoL

トピックスRSS

ランキング