ガブリエル・オロスコの初となる国内美術館での個展が2015年1月から開催。

NeoL / 2015年1月5日 2時48分

写真

ガブリエル・オロスコの初となる国内美術館での個展が2015年1月から開催。

ガブリエル・オロスコ《Common Dream》1996年 チバクローム

 

『ガブリエル・オロスコ展 ―内なる複数のサイクル』が東京都現代美術館にて開催される。メキシコ出身の現代美術家ガブリエル・オロスコは、90年代からニューヨークやパリ、メキシコシティなど様々な場所を拠点としながら活動をおこなっている。これまでもヴェネチア・ビエンナーレやドクメンタXなど数々の名だたる国際美術展へ参加。グッゲンハイム美術館、ポンピドゥーセンターでの個展に加え、ニューヨーク近代美術館、テートモダンなどを巡回する大規模な個展も開催し、国際的に評価を得ている。

今回の個展では自動車を分割して貼り合わせた代表『La DS』や最新のカンヴァス作品など、バラエティに富んだ作品群がそろう。路上に打ち捨てられた物や何気ない風景の中から魅力的なかたちを発見し、それらを作品に昇華させる手法は、既存の常識を超えて観るものに物質本来の意味を気づかせてくれる。真ん中に池がある不思議なピンポンテーブル『ピン=ポンド・テーブル』では実際に遊ぶことも可。開催は2015年1月24日から5月10日まで。


Gabriel Orozco


ガブリエル・オロスコ《La DS カーネリアン》2013年

変形した車 489 × 122 × 147cm

 


heart


ガブリエル・オロスコ《My Hands Are My Heart》1991年 チバクローム2点組

 


5.Cats and Watermelons


 

ガブリエル・オロスコ《Cats and Watermelons》1992年 タイプCプリント

 


6.AlitaliaDrawing


ガブリエル・オロスコ《Untitled》2001年 グァッシュ/航空券 フーメックス財団蔵


2.Ping-PondTable(Small)


 

ガブリエル・オロスコ《ピン=ポンド・テーブル》1998年

変形卓球台、卓球ラケット、ボール、水槽、ポンプフィルター、蓮

H76.7 × W424.5 × D424.5 cm

金沢21世紀美術館 蔵

 

『ガブリエル・オロスコ展 ―内なる複数のサイクル』

会期:2015年1月24日(土)- 5月10日(日)

開催時間:10:00~18:00(入場は17:30まで)

会場:東京都現代美術館(〒135-0022 江東区三好4-1-1)企画展示室3F

休館日:月曜日(5/4は開館)、5/7

観覧料:一般1,100円/ 大学生・65歳以上800円/ 中高生600円/ 小学生以下無料

http://www.mot-art-museum.jp

 

関連記事のまとめはこちら


http://www.neol.jp/culture/

NeoL

トピックスRSS

ランキング