真実を暴き出す独立系ジャーナリストたちの闘いを追うドキュメンタリー

NeoL / 2017年3月28日 16時22分

写真

真実を暴き出す独立系ジャーナリストたちの闘いを追うドキュメンタリー




大手メディアに属さず、鋭い調査報道で真実を伝えるフリージャーナリストたちの姿を追ったドキュメンタリー映画『すべての政府は嘘をつく』が公開中。



1920~80年代に活躍したアメリカ人ジャーナリストのI. F.ストーンは、「すべての政府は嘘をつく」という信念のもと、組織に属さず、地道な調査によってベトナム戦争をめぐる嘘などを次々と暴いていった。本作で描き出すのは、そんな彼の報道姿勢に影響を受け、それを受け継いだ、現代のジャーナリストたちの闘い。“真実”のみを追求する彼らを通じて見えてきた、メディア、ジャーナリズムのあるべき姿とは?



すべての政府は嘘をつく
監督:フレッド・ピーボディ
(2016年/カナダ)
公開中
©2016 All Governments Lie Documentary Productions INC.
http://www.uplink.co.jp/allgovernmentslie/

関連記事のまとめはこちら


http://www.neol.jp/culture/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング