身体表現を感じ、学び、探るイベント 日本スペインダンスプロジェクト「トポス」

NeoL / 2018年8月29日 11時0分

身体表現を感じ、学び、探るイベント 日本スペインダンスプロジェクト「トポス」



東京・バルセロナ・ロンドン。それぞれが異なる都市を拠点としながら世界各地で活動を展開する三人のダンサーと一人のアーティストによるオン・ゴーイング・ダンスプロジェクト「トポス」。身体表現をフィーチャーした短編映像4作品とアニメーション1作品が上映され、トポスの新作ダンス作品のワーク・イン・プログレス公演が行われる一夜限りのショーケースイベントが開催。
「トポス」とはバルセロナにて石井順也、パウ・アラン・ジメーノ、尾角典子が集まり開始され、その後東京で小暮香帆が加わる現在進行形のダンスプロジェクト。異なる場所に住み、異なる視点、個性、身体を持つ表現者が錯綜する場所であり、肯定できる未来を空想する過程を観客とともに探求している。


「トポス:バルセロナ物語、東京物語」新作の構想を語る
9月21日(金)19:00-20:00
森下スタジオ OFFICIAL SITE(参加無料)
「トポス:生成する場所」新たな身体表現を探るワークショップ
9月22日(土)10:30-18:30
森下スタジオ OFFICIAL SITE(参加無料)
申し込み:E-mail[topos@saison.or.jp]9月20日正午締め切り 件名を「9月21日ワークショップ申し込み」とし本文に①お名前②職業③参加人数④連絡先⑤イベントを知ったきっかけをそれぞれ明記の上申し込み。
詳しくはこちら
トポス『生成する場所/映像上映+ダンスプログレス公演』
10月15日(月)19:00開場/19:30開演
¥2,000(1ドリンク付き)
会場:FACTORY OFFICIAL SITE




関連記事のまとめはこちら


http://www.neol.jp/art-2/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング