植本一子が現存するフェルメール全作品を取材、作品集出版記念展開催

NeoL / 2018年9月16日 19時58分

植本一子が現存するフェルメール全作品を取材、作品集出版記念展開催



写真家・文筆家の植本一子が、『フェルメール』を9月25日にナナロク社から刊行する。本書は、植本一子が約3週間にわたって欧米7か国17の美術館を巡り、ヨハネス・フェルメールの現存する全作品35点を取材した作品集。斜めや正面からのクローズアップで撮り下ろしたフェルメールの写真に加えて、フェルメール作品の展示方法や、来場者の様子、フェルメール作品を所蔵する美術館の外観を捉えた写真も収録される。


さらにオランダ・アムステルダム、オーストリア・ウィーン、ドイツ・ベルリン、フランス・パリ、イギリス・ロンドン、アイルランド・ダブリン、アメリカ・ニューヨーク、ワシントンで執筆された約5万字の紀行文、オランダ・デン・ハーグのマウリッツハイス美術館の修復家サブリナ・メローニの寄稿文も掲載。







9月21日からは、東京・乃木坂のBooks and Modern + Blue Sheep Galleryにて『出版記念「フェルメール 植本一子」展』も開催する。『フェルメール』のために撮影された写真約100点と紀行文の一部を発表するほか、先行発売も行なわれる。



『出版記念「フェルメール 植本一子」展』
【会期】 2018年9月21日(金)-10月7日(日)12:00-19:00
月曜・火曜日お休み *9月24日(月・祝)は開廊



【販売】 9月25日刊行『フェルメール』先行販売
*特典『フェルメール』未収録カットの特製ポストカ ード(複数種から1枚)付き


植本一子著書
『かなわない』(タバブックス)、『家族最後の日』(太田出版)、『降伏の記録』(河出書房新社)ほか

関連記事のまとめはこちら


http://www.neol.jp/art-2/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング