世界的ベストセラーのミステリーシリーズ『ミレニアム』の第4作を映画化

NeoL / 2019年1月3日 11時57分

世界的ベストセラーのミステリーシリーズ『ミレニアム』の第4作を映画化



全世界で累計9,000万部以上の大ベストセラーとなっている『ミレニアム』シリーズ。その第4作を映画化した『蜘蛛の巣を払う女』が公開。



天才ハッカー・リスベット・サランデルに仕事の依頼が舞い込む。「私が犯した“罪”を取り戻して欲しい」というその依頼は、人工知能=AI研究の世界的権威であるフランス・バルデル博士が開発した核攻撃プログラムを、アメリカ国家安全保障局から取り戻すこと。天才的なハッキング能力を持つリスベットにとっては簡単な仕事のはずだったのだが――。



第1作の監督を務めたデヴィッド・フィンチャーが製作総指揮を務め、新鋭・フェデ・アルバレス監督がメガホンを取ったミステリーの新章。公開は、1月11日より。



蜘蛛の巣を払う女
監督:フェデ・アルバレス
出演:クレア・フォイ、シルヴィア・フークス、スベリル・グドナソン
(2018年/イギリス・ドイツ・スウェーデン・カナダ・アメリカ)
配給:東北新社 STAR CHANNEL MOVIES
2019年1月11日(金)より公開
©︎Raymi Hero Productions 2017
http://www.girl-in-spidersweb.jp/

関連記事のまとめはこちら


http://www.neol.jp/movie-2/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング