14 Issue :Lenn (High-school student/Skater)

NeoL / 2019年7月3日 21時0分

14 Issue :Lenn (High-school student/Skater)



年齢は単なる数字であって、オトナになるという境界線は人ぞれぞれ。定義できないからこそ、誰もが答えを探している。多感で将来のことを考え始める14歳の頃、みんなは何を考えてどう過ごしたのか?そんなファイルを作りたいと始まった「14歳」特集。東京、NYに続くベルリン編には、年齢やバックグラウンド、仕事の異なる個性豊かな15名をピックアップ。
トップバッターを飾るのは最年少15歳の高校生レン。インディペンデントマガジン『032c』でのインターンシップという素晴らしい経験をしたばかりの彼は今、そして未来をどう考えているのだろうか?最近の生活と彼が受けた影響について尋ねてみた。(→ in English)


ーーこんにちはレン!まずはじめに自己紹介してください。


レン「僕はレン、15歳。生まれも育ちもベルリン。スケートボードが好きで、普段は友達がいるミッテのスケートパークで滑ってるんだ。僕の住んでいるシャルロッテンブルグ地区にはあまりスケートパークがないからね」


ーー14歳のときはどうでしたか?


レン「すごくよかった。楽しいことも多かったし。正直14歳と15歳ってあまり大きな違いが見えないんだけど、とても早かったよ。特に13歳から14歳は大きなジャンプだったかな、少し大人になったように感じたんだ」


ーー14歳のときにどんな24時間を送っていたか、円グラフに書いてみてください。







ーーでは、14歳のときにどんなことを考えていましたか?







ーー将来の夢は何ですか?


レン「ファッションデザイナーになりたい。楽しそうだし、自分のクリエイティビティを生かせると思うんだ。2年前、すごく退屈でデザインを描き始めた。それにワードローブにある服も好きじゃなくて、自分自身のスタイルをし始めたよ」


ーー好きなデザイナーはいますか?


レン「コム デ ギャルソンの川久保玲」


ーーファッションに関するインスピレーションはどうやって見つけていますか?


レン「正直なところインスタグラムかな。でもかっこいいものだけじゃなくてイケてないものもたくさんあるよ。あと、お母さんもたくさんアドバイスをくれるし、学べる。昔モデルをしてたから、ファッションについてよく知ってるんだ」







ーーいいですね!ところで『032c』で2週間インターンシップをしたとお伺いしました。なぜ『032c』で働いたのですか?


レン「僕の学校では9年生(ドイツの高校ことジムナジウム、15歳)のときにみんなインターンシップをしなければいけないんだ。来年もインターンシップをしなきゃいけないんだけど、次はソーシャルワークで国の運営する機関しか行けない。例えば学校とか幼稚園とかね。行きたくないところに行ってインターンシップを無駄にするなんて絶対にしたくない。それで『032c』を選んだよ。最初は自分で申請したんだけど、少人数のチームだからインターンをゲットするのは難しくて。たまたま友達のお母さんが『032c』のMariaと仲がよくて、彼女がインターンシップできるように助けてくれたんだ。僕はとてもラッキーだよ」


ーー実際にインターンをしてみてどうでしたか?


レン「最高!とても楽しかった!」


ーーインターンシップからどんなことを学びましたか?


レン「僕はアパレルチームにいたんだけど、セールス、デザイン、ドローイングなどたくさんのことを学んだよ。特にデザインと組織がいかにハードであるかを学べたことはとてもよかった。間違いなく自分の将来について考える手助けになったよ。だってこの仕事のようなビジネスについて理解できたからね。もしファッション産業で何か始めるとしても、何をすべきか分かってるんだ。このインターンシップは僕に新しい見方を与えてくれたよ」












ーーとても素晴らしい経験ですね。14歳のときに影響を受けた、大好きだったものはありますか?


レン「『AKIRA(1988)』を見て、とても大きな影響を受けた。それから日本のアニメに夢中になって、これまでたくさん見てきたよ。最近だと『Hunter × Hunter』を見たし、好きなアニメは『残響のテロル』。すごくいいよ。日本語音声に英語かドイツ語の字幕をつけて見るから、アニメから日本語を少し学べるんだ。例えば“Titan(タイタン)”は“巨人”とか」


ーーよく知ってますね!


レン「あとマンガを読むのも好きで、部屋にはたくさんのマンガコレクションがあるんだ。『ワンピース』や『ナルト』みたいにアニメは時々シリーズやストーリーが多すぎるから、マンガを読むのが好き」


ーー最後に、いま14歳を生きている人たちへ伝えたいメッセージはありますか?


レン「のんびり慎重に。やりたいことをやる。ほかの誰かになる必要なんてないよ」

















@lennslept:https://www.instagram.com/lennslept/



photography Tereza Mundilová
text Yukiko Yamane


(This interview is available in English)







Age is just a number and there is no clear definition of being what is an adult and every person is different. We can’t define it, so everybody is looking for their own answers in life. 14 is a sensitive age. It’s when you start thinking about your own future, so we wanted to make a series of age 14. After the Tokyo and New York issue, we selected 15 people in Berlin who have very diverse background, different ages and professions for 14 Issue in Berlin.
First interview is High-school / Gymnasium student Lenn. He had a great experience working as an intern at Berlin based independent magazine “032c” this year. What does he think about the presence and his future? We asked him about his life and what influenced him.


—Hey Lenn! Please introduce yourself at first.


Lenn: I’m Lenn, 15 years old. I was born in Berlin and I lived here my whole life. I like skating. Normally at the skate park in Mitte because my friends skate there as well. There aren’t many skateparks in Charlottenburg where I live.


—How was your year as a 14 year old?


Lenn: It was very nice. I did a lot of fun things. I guess at my age I don’t really see a big difference between being 14 and 15, but it went by very fast. I especially felt a big jump from 13 to 14, felt like I was becoming an adult a bit.


—What did you do in those days?







—What did you think about at age 14?







—What do you want to do in the future?


Lenn: I wanna be a fashion designer because it’s a lot of fun and I can use my creativity. 2 years ago, I was just bored and started drawing design stuff. Also I don’t like what I had in my wardrobe, so just started creating my own style.


—Do you have a favorite designer?


Lenn: Rei Kawakubo from COMME des GARÇONS is my favorite designer.


—How do you get inspiration for your fashion?


Lenn: I have to say Instagram to be honest. But it’s not only cool stuff, there’s a lot of trash on Instagram as well. Also my mom helps me a lot and I can learn from her. She used to be a model, so she knows the way around fashion well.







—Sounds good! By the way I heard you worked as an intern at 032c for 2 weeks. Why did you work at 032c?


Lenn: In my school, every 9th grade (Gymnasium, age 15) need to do an internship. Next year we also have to do the internship, but it’s a social work thing and we can go to state founded organizations only. For example school, kindergarten etc… I really didn’t want to waste my internship somewhere where I didn’t like to go. Then I chose 032c. I applied by myself at first, but it’s usually hard to get in there because it’s a small team. I was very lucky because my friend’s mother is good friends with Maria Koch from 032c, so she helped me to get this internship.


—How was the internship at 032c?


Lenn: Great! It was so much fun!


—What did you learn from them?


Lenn: I was in the apparel team and learnt a lot about sales and design, drawing etc… Also it was good for me to learn how hard it can be. Especially design and organization. It definitely helps me to think about my future because I could understand how a business like this works. I know what I need to do if I start something in the fashion industry. This internship gave me new insights.












—You had a very good experience. What inspired you at age 14?


Lenn: I watched “AKIRA(1988)”. It was a very big influence for me. Since then, I’m into watching Japanese anime and now I already watched so many of them. Currently I’m watching “Hunter × Hunter” and my favorite anime is ”Zankyo no Terror”, it’s really good. I watch them in Japanese with German or English subtitles, so I can learn some Japanese from that. For example, I know “Titan” in Japanese is “Kyojin.


—You know very well!


Lenn: Also I like to read mangas and I have a huge collection in my room. I prefer to read them because sometimes anime has too many series and stories like “ONE PIECE” and “NARUTO”.


—Do you have any message to the people who are 14 years old?


Lenn: Take it slow. Do what you want to do. You don’t have to be anyone else.

















@lennslept:https://www.instagram.com/lennslept/


photography Tereza Mundilová
text Yukiko Yamane

関連記事のまとめはこちら


https://www.neol.jp/culture/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング