14 Issue:Kolja Kugler(Artist)

NeoL / 2019年8月14日 19時17分

14 Issue:Kolja Kugler(Artist)



年齢は単なる数字であって、オトナになるという境界線は人ぞれぞれ。定義できないからこそ、誰もが答えを探している。多感で将来のことを考え始める14歳の頃、みんなは何を考えて過ごしたのか?そんなファイルを作りたいと始まった「14歳」特集。東京、NYに続くベルリン編には、年齢やバックグラウンド、仕事の異なる個性豊かな15名をピックアップ。
11本目はベルリン拠点のアーティスト、コリヤ・クーグラー。金属スクラップを使って彫刻やロボットを制作している彼の代表作は、ロボットのロックバンド『One Love Machine Band』。イギリスのグラストンベリー・フェスティバルをはじめ、世界中のフェスやイベントでライブパフォーマンスを披露している。自然に囲まれた彼のスタジオガーデンで、14歳の思い出やロボットについて尋ねた。(→ in English)


ーー14歳のときはどんな子でしたか?


コリヤ「幼稚なティーンエイジャーで、あまり考えてなかったですね。ドラッグやお酒、パーティはあまり重要ではなくて。当時の友達はお酒が好きでしたが、僕が初めて飲酒したのは35歳なんですよ」


ーー14歳のときにどんな24時間を送っていたか、円グラフに書いてみてください。







ーーでは、14歳のときにどんなことを考えていましたか?







ーー当時の思い出でよく覚えていることがあれば教えてください。
コリヤ「当時ハマっていたジャーマンロックバンド、トーン・シュタイネ・シェルベン(Ton Steine Scherben)の”Keine Macht für Niemand(権力を誰にも渡すな)”という言葉を覚えています。友達と自転車やボートで旅行へ行ったこともいい思い出です」



Ton Steine Scherben “Keine Macht für Niemand”


ーー14歳のときに抱いていた夢は何ですか?


コリヤ「自分の将来について2つの考えがありました。1つは動物のために何かしたかったので動物学者か動物研究者。もう1つは放浪者。その頃から自由に対する強いセンスを持っていたんです。両親も自由を愛していたので、生まれ育った家のドアはいつも鍵がかかってなくて開けっ放しの状態。誰も閉じなかったんですよね(笑)。そしてよく旅行してました。彼らはオープンで檻に閉じ込めたりしない、だから僕はとてもラッキーだったと思うんです。それから自由と旅行が自分の人生の中心を占めていることに気付きましたね」


ーー現在アーティストとして活動していますが、どういう経緯で始めたのですか?


コリヤ「90年代初頭で僕が20代前半の頃、ポツダム広場にワゴンで住んでいました。このエリアは現在大きなビルで埋め尽くされていますよね。ベルリンの壁崩壊前後、この街はいい意味でとてもアナーキーかつクレイジーだったんです。まさに荒地でした。その後、パフォーマンスアーティストグループ『ミュートイド・ウェイスト・カンパニー(Mutoid Waste Company)』が引っ越してきて、隣人になりました。彼らはロシアのミグ21(MiG-21)を含む2機の戦闘機を所持してましたね。東ドイツの軍隊からそれらを盗んで、カラフルに塗り替えていたんです。最高にクールでした。僕は芸術について何も勉強してないし、技術的なものに興味を持ったことはありません。独学と『ミュートイド・ウェイスト・カンパニー』から全てを学びました」


ーー最初の作品について教えてください。


コリヤ「当初はたくさんの軍事スクラップが街に溢れていたので、それらを鳥に変えたんです。ロケットミサイルの部品を使ってアヒルを作りました」







ーーそれで鳥モチーフの作品が多いのですね。


コリヤ「そうなんです。鳥は輪郭がとてもはっきりしてますし、ボディには生き生きしたリズムがあると思っています」


ーーアーティストを始めてよかったこと、大変なことはありますか?


コリヤ「エンジニアリングとメカニズムは僕にとって容易ではありません。僕は技術的でなく、まさに視覚的。制作において完成した作品や彫刻のシェイプを見るのが好きなんです。何かを見つけることからアートを始めたので、常に自分の注意を引くシェイプを見逃さないよう観察しています。例えばそれが目や足のように見えるとか。それからスクラップの部品を合わせて、新たなものへと再結合するんです」












ーーあなたにとってロボットとは?


コリヤ「洗練されたマシーン、僕たち人間を含めてね。僕らは地球上でもっとも優れた高い技術を備えているロボットなんです」


ーー14歳のときに影響を受けた、大好きだったものはありますか?


コリヤ「アレクサンダー・サザーランド・ニイルが書いた『Die grüne Wolke (The Last Man Alive, 1938)』という素晴らしい本があります。彼は第二次世界大戦中に世界でもっとも自由な学校”サマーヒル・スクール”を開校しました。そこにスケジュールや規則はなく、子どもたちが自分で全てを決めるという校風です。この本はとても珍しいのですが、最近改めて見つけたんですよ。学校では時間と規則についてたくさんのプレッシャーを受けてきました。学校の友達は好きでしたが、学校制度は嫌いなので行きたくなかったんですよ」












ーーいま14歳を生きている人たちに伝えたいメッセージはありますか?


コリヤ「あなたは世界に対して責任があります。干渉しなければなりません。若い世代は年上の世代の誰もが受け入れていない明確な見解を持つべきです。年上の世代は”わたしたちは知っている”、”わたしたちはどうなっているのか伝えなければならない”と言いますが、それは間違っています。あなた自身の力に気付き、そして責任を持つこと。だからといってあまり真剣に受け止めすぎないように」


ーー最後に何かお知らせがあればどうぞ。


コリヤ「革命がやってくるよ(笑)。死ぬまでにアート・エキシヴィジョンと融合したミュージカル・サーカスを開催したいと思っています。テクノレイヴとエンターテイメントも含めて。あと、ベルリンに『Wild Waste Gallery』を作りたいですね。アートスペースを作り、アーティストたちを招待するんです。もちろん僕のロボットもね」



ONE LOVE MACHINE BAND












photography Noel Richter
text Yukiko Yamane


Kolja Kugler
www.koljakugler.com
@koljakugler:https://www.instagram.com/koljakugler/

(This interview is available in English)







Age is just a number and there’ is no clear definition of being what is an adult and every person is different. We can’t define it, so everybody is looking for their own answers in life. 14 is a sensitive age. It’s when you start thinking about your own future, so we wanted to make a series of age 14. After the Tokyo and New York issue, we selected 15 people in Berlin who have very diverse background, different ages and professions for 14 Issue in Berlin.
Eleventh interview is with Berlin based artist Kolja Kugler. He creates sculptures and robots using scrap metal. One of his most famous creations is “One Love Machine Band”, a robot rock band and they’re playing live performances all over the world including Glastonbury Festival. We visited his studio garden and listened to his stories about age 14 and his creation.


—Could you tell us about yourself when you were 14 years old?


Kolja: I was a childish teenager. I didn’t think about too much. Drugs, alcohol and parties were not important to me. My friends liked drinking back then but I had my first drink at 35.


—What did you do in those days?







—What did you think about at age 14?







—Please tell us your most memorable moment at age 14?


Kolja: I remember the words “Keine Macht für Niemand (No Power for Nobody)” by Ton Steine Scherben. I also remember going on trips by bycicle with my friends and boat rides.



Ton Steine Scherben “Keine Macht für Niemand”



—What did you want to do when you were 14 years old?


Kolja: I had two ideas about what my future could look like. The first one was being a zoologist or an animal researcher because I wanted to do something for animals. The second one was being a vagabond because I have a strong sense of freedom. My parents also loved freedom so most of the doors would be open at all times in the house I grew up in. Nobody closed them, haha. And we were basically traveling. I think I was very lucky because they were open and didn’t put me in a cage. Then I realized that freedom and traveling are a center part of my life.


—Now you are an artist. How did you start your career?


Kolja: In the early nineties I lived in a truck at Potsdamer Platz. Now there are all those big buildings. Around the wall fell Berlin was very anarchic and crazy in a positive way. It was a waste land. Then the performance artist group “Mutoid Waste Company” moved in and became my neighbors. They had two warplanes including a Russian MiG 21 fighter aircraft. They stole them from the East German army and painted them all colorful. It looked pretty cool. I haven’t studied anything about art and I was never interested in technical stuff. I learnt it all by myself and from the “Mutoid Waste Company”.


—Please let us know about your first creation.


Kolja: There were a lot of military scraps in the beginning and I turned them into birds. I made a duck from a part of a rocket.







—That’s why you made many birds.


Kolja: Yes. I think birds are very defined and have a dynamic swing in their bodies.


—What good and what bad things have happened to you since you started your artist career?


Kolja: Engineering and mechanism is not easy for me. I’m not technical, I’m just a visual person. My favorite part is watching the final product and the shape of the sculptures. I started doing art by finding something so I always keep my eyes open for shapes which catch my attention. For example if it looks like an eye or a foot or whatever. Then I recombine the parts of the scrap into something new.












—What is a robot for you?


Kolja: To me a robot is a sophisticated machine which includes us as human beings. We’re all robots who have the highest tech on earth.


—What inspired you at age 14?


Kolja: There is an amazing book called “Die grüne Wolke (The Last Man Alive, 1938)” by A. S. Neill. He invented “Summerhill school” the freest school in the world during Second World War. They didn’t have any schedule or rules so the children decided it all by themselves. This book is very rare but I recently found it again. We had a lot of pressure concerning time and rules at school. I liked my friends in school but I hated the school system and didn’t want to go there.












—Do you have any message to the people who are 14 years old?


Kolja: You're responsible for the world. You have to interfere. The younger generation should have a clear view which is not getting accepted by everybody from older generations. Older generations say “We know”, “We have to tell you how it is”. But it’s wrong. Realize your own power. Take responsibility, but don’t take it too seriously.


—Do you have any news or upcoming events that you want to share with the readers?


Kolja: Revolution is coming up, haha. I hope one day before I die I would love to make a big musical circus with an art exhibition. Including a techno rave and entertainment as well. I would also like to install the Wild Waste Gallery in Berlin. To create an art space and invite some artists to the show. Of course my robot scalptures too.




ONE LOVE MACHINE BAND












photography Noel Richter
text Yukiko Yamane


Kolja Kugler
www.koljakugler.com
@koljakugler:https://www.instagram.com/koljakugler/

関連記事のまとめはこちら


https://www.neol.jp/art-2/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング