『アド・アストラ』 ブラッド・ピット来日記者会見/“Ad Astra” Japan Premiere Press Conference with Brad Pitt

NeoL / 2019年9月17日 20時0分

『アド・アストラ』 ブラッド・ピット来日記者会見/“Ad Astra” Japan Premiere Press Conference with Brad Pitt

[caption id="attachment_87612" align="alignnone" width="620"] DF_02887FD.psd[/caption]


ブラッド・ピットがプロデューサーと主演を務めた新作映画『アド・アストラ』が9月20日に全国公開される。近未来を舞台にした本作の主人公は、宇宙飛行士のロイ・マクブライド(ピット)。地球から43億キロ離れた太陽系の彼方で、危険な実験を抱えたまま消息を絶った父親(トミー・リー・ジョーンズ)を探し出すという無謀なミッションに挑む彼の姿を、圧倒的なヴィジュアルと繊細な心理描写を通して映し出す。ここでは公開を前に東京・日本科学未来館にて開催された、ブラッド・ピットの来日記者会見の模様をお届けする。(→ in English)



――本作ではプロデューサーを務めたほか、初の宇宙飛行士役に挑戦されましたが、最もチャレンジングだったことは何ですか?


ブラッド・ピット「まず質問に答える前に一言、皆さんの温かい歓迎にありがとうと言いたいです。僕は東京に来るのが大好きです。本当に特別な場所だと思います。到着してからの皆さんの優しさに感謝しています。ありがとう。
製作と演技を両方やるということは、それだけ責任が増えるということです。そのすべては映画製作における物語を伝える作業の一部で、僕はそれを非常に楽しんでいます。プロデューサーを務めると現場に早く行きますし、すべてのプレーヤーをまとめてチームを作るのですが、これはスポーツのようなものです。映画製作には挑戦がつきものですし、常にうまくいかないことが生じます。昼間は役者で朝と夜はプロデューサーという感じです。もちろん、最終的には音楽から編集まで、どのように仕上げるかすべてを考えないといけないので、まるでルービックキューブを組み立てるかのようです。でも、本作で最も大変だったのは、そのすべてを宇宙服を着てこなさなければならなかったことでした」


――初の宇宙飛行士役を演じるにあたって、撮影で初めて体験したことや、初めて行った役作り方法はありますか?


ブラッド・ピット「これまで(宇宙飛行士を)演じてこなかった理由は、非常に優れた作品が多いジャンルだからです。このジャンルに加える価値のあるユニークな作品を待っていたのですが、友人のジェームズ・グレイ監督がこのプロジェクトを持ってきてくれました。でも最終的にはどこかピーターパンのような現場で、重くかさばる宇宙服を着てワイヤーで吊るされていたので、それは事前に少し訓練が必要でした。実際にスタントチームは僕らの気分が悪くなるまでグルグル回したり、空中に上げたり、引っ張り下ろしたりして試していました。それを理解するためには、行き過ぎるところまで試すほかになかったのです」












――壮大なストーリーでありながら、一人の男の心の変化を描く繊細な表情が素晴らしかったです。今後は俳優業をセーブするというニュースがありましたが、その理由は?製作として今後取り組んで行きたい仕事や思い描く夢を教えてください。


ブラッド・ピット「まずは最初のコメントにお答えしますが、本作はジェームズ・グレイ監督が描いた壮大なセットで展開します。しかし最終的には、これは一人の男の自分探しの旅を描いた物語なのです。実際に表現するのがかなり難しい作品だったのですが、結果には誇りを持っています。2つ目の質問についてですが、僕は許される限り、これまでと同じように続けていきたいと思っています。今まで通り、自分たちやこの時代に語りかけてくるような、興味深い物語にフォーカスしていく予定です。僕はかねてから複雑な物語に引かれており、プロデューサーとしても役者としても同じように続けていくつもりです」


――宇宙のリアリティーやスケールを表現するにあたって、製作者としてはどのような工夫をされましたか?


ブラッド・ピット「これは本当にジェームズ・グレイ監督と撮影監督のホイテ・ヴァン・ホイテマのおかげです。もちろん実際に海王星に行くことはできないので、CGにも頼らざるを得ないのですが、彼らはできるだけ古い手法を使って、レンズを通してどれだけ表現できるかにこだわっていました。自然のものなので、観客が観て信じられる映像にしたかったわけです。レンズフレアを使ったり、月の暗闇をレンズの中で実際に撮ったりして、アナログとCGをブレンドしました。その結果、完全にCGで描くよりも、より直感的で本能的に信ぴょう性が感じられる体験へとつながったのではないかと思っています」


[caption id="attachment_87619" align="alignnone" width="620"]

DF_00534FD.psd[/caption]


[caption id="attachment_87620" align="alignnone" width="620"]

DF_01133FD.psd[/caption]


――これまでに10回以上来日されていますが、今回の滞在で行きたい場所はありますか?


ブラッド・ピット「普段(の来日)は仕事が詰まっているので、今回は満喫しようと思って事前に計画していました。早めに来るはずだったのですが、台風でフライトがキャンセルしてしまったのです。でも、今回は地方にも行きたいと思っています。京都に行って、庭園や古い建築、竹林などを見てみたいです。それから、個人的に鯉の養殖場にも行きたいと思っています。僕は日本の文化が大好きです。職人の方々がものづくりに人生を捧げているのは素晴らしいことだと思います。品質も良いですし、料理からジーンズから工芸品まで、日本の方々は僕らよりもずっと良い仕事をされているように思います。日本の方々の姿勢には本当に感銘を受けますし、魅了されています。僕は鯉については一時間でも語れるんです(笑)」


――本作は宇宙という広大な場所を舞台に、私たちの誰もが一度は考えたり悩んだりしたことのある自我との戦いを描いています。そのような身近なテーマでありながら宇宙を舞台に描こうと思った理由をお聞かせください。


ブラッド・ピット「本作は『オデュッセイア』のような自分自身を探す旅として描かれています。宇宙は人間についての謎や孤独を比喩的に象徴していると思います。だからこそ、自分の人生がうまくいかなくなってしまった主人公ロイの物語の背景として最適なのです。自身の存在価値などに疑念を抱いているロイは、銀河系の最果てまで行って、これまでは押し殺してきた喪失感や後悔、自分への疑念といった問題に向き合います。劇中の彼が前に進むためには、そういった問題に対峙するほかにないのです。僕が本作で最も好きな部分は、人間の葛藤や人間であることの意味にスポットを当てていることです。それは自分たちの存在を笑い飛ばせるコメディーにもできることだと思います。それこそが映画の持つ本当の力であり、だからこそ僕は映画に惹かれるのです」







――本作では製作だけではなく主演も務めようと思った決め手は?プロデューサー目線での理想の監督像はありますか?


ブラッド・ピット「脚本・監督のジェームズは僕の古くからの友人です。僕らは90年代半ばに知り合い、何か一緒にやりたいねとずっと話していました。僕自身は年に一本しか映画を撮れないので、すべてはスケジュールによるのですが、本作の主題についてはずっと考えていました。映画というのは大きなコミットメントなので、僕は一緒に仕事をする相手や自分が信じられる物語を伝えることを大切にしています。僕にとっての理想の監督は、自分の視点を持っている方です。作品について最初に話し合うときは、監督の視点を聞きたいと思っています。それがどれだけ強く、独創性があり、興味深い方向性を示しているかを確認するのです。それがわかったら、安心して旅に出られると思えます」


――子どもの頃、宇宙飛行士になりたいと思ったことは?もしあれば、ロイ役を演じたことで満足できましたか?


ブラッド・ピット「子どもの頃に宇宙飛行士になりたかったという記憶はありません。探検家にはなりたかったのですが、地球の大半はすでに調査されているので、あまり意味がないですよね。でも、僕の中の少年は宇宙船が好きで、以前はパイロットの免許を持っていたので、コックピットに入ってボタンを押したりしていると、この歳でも子どものようにワクワクしました」


――劇中のロイは精神状態や睡眠について報告する心理テストを何度も受けていましたが、今のあなたの状態はいかがですか?


ブラッド・ピット「今は時差ぼけで、お腹が空いています。でもまだベッドには入りません。外に出て東京の街を満喫したいからです」


[caption id="attachment_87623" align="alignnone" width="620"]

DF_00642FD.psd[/caption]



text Nao Machida







『アド・アストラ』
公式サイト
9 月20 日(金)公開
配給:20 世紀フォックス映画
(C)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation
【STORY】
近い未来。宇宙飛行士ロイ・マクブライドは、地球外知的生命体の探究に人生を捧げた科学者の父クリフォードを見て育ち、自身も宇宙飛行士の道を選ぶ。しかし、父は探索に出発してから16年後、太陽系の彼方で行方不明となってしまう。だが、父は生きていた──ある秘密を抱えながら。父の謎を追いかけて地球から43億キロ、使命に全身全霊をかけた息子が見たものとは─?


『アド・アストラ』予告/公式YouTube
https://youtu.be/g5h8RAGYLZQ




(This interview is available in English)

[caption id="attachment_87612" align="alignnone" width="620"]

DF_02887FD.psd[/caption]



――You were not only the star of the film, you also produced the film and played an astronaut for the first time in your life. What was most challenging on this project?


Brad Pitt: First of all, I just want to say thanks for the welcome. It's great to be here, I love being in Tokyo. It's really special to be here. I just appreciate all the kindness I've received since being here. Thank you.

Producing and acting in the film—it just means more responsibility. It's all part of the story telling aspect of movie making, which I enjoy very much. But with producing hat on, we come in earlier, we help to put the piece together as far as all the players, put the team together, being a collaborative sport. There are always challenges in launching a film. The actual production side of thing, there is always things to go wrong. You are an actor by day and producer morning and night. And of course in the end, putting the things together, which is always a bit of a Rubik's cubes, as far as music and editing, what the final film is going to play like. But the hardest part was doing it all in the space suit.



――You played an astronaut for the first time in your life. Was there anything that you experienced for the first time on set? Or is there anything new that you tried preparing for the role?


Brad Pitt: The only reason I hadn't done one to date is mainly because the genre has been done so well. I was waiting for something different that can be worth adding to the genre, which I found with my friend James Gray. But it is, in the end, a bit of a Peter Pan-like stage production, hanging from wires in this big bulky suits, so that took a bit of training going into it. In fact, what the stunt team has us do is spin, spin and raise us up and pulls us down and keep spinning, and find out where our threshold is before we get nauseous. So we have to go too far to understand how far we can go on set.













――This is such a massive backdrop for the story, yet it depicts this one man's journey in a very subtle and sensitive way. We heard that you might be saving how much acting you will do in the future. What are some of the projects you would like to be involved in as a producer? And what is your dream in the future?


Brad Pitt: First of all, to answer your first comment, this was James Gray's design that we couched the film with these incredible set pieces. But ultimately the film is as you said, a journey, a kind of Odysseus journey of self-discovery. It is actually a quite difficult task to pull off and I'm proud of it for that reason.
And to answer the second part, I'm going to keep doing it just like I do it for as long as they allow me to do it. That is just to focus on interesting stories that speak to us and speak to our time―this has always been my focus. It's been what I'm drawn to, complex stories, and whether it's more producing or acting, I'll still keep doing it the same way.


――As a producer, what did you do to bring out the reality of the space?


Brad Pitt: This was by design, really the credit goes to again James Gray and our cinematographer, Hoyte van Hoytema. Of course we have to rely on CG work because we can't travel to Neptune. But they were very intent on doing as much as they could old school, meaning what they could get in the lens as far as effects. Their argument for this is that because they are natural effects, they are something we accept as true, so therefore it's more believable. By that I mean optical flares and lens or the way they achieve the blackness of space especially from the moon. It was a big blend between what we can do in analog old school way with CG work that we can get today. And I think they were right that it leads to more visceral experience that we intuitively believe this true versus a complete CG look.


[caption id="attachment_87619" align="alignnone" width="620"]

DF_00534FD.psd[/caption]


[caption id="attachment_87620" align="alignnone" width="620"]

DF_01133FD.psd[/caption]


――You have been to Japan more than ten times. Where would you like to go during your stay this time?


Brad Pitt: I planned a big trip prior because it's usually condensed for work. And then we were going to come early and because of the typhoon our plane's got canceled. But on my list, this round, is I still want to get out to country. I still want to get out to Kyoto. I want to see the gardens and the old architecture. And I really want to see the ancient bamboo forest. I want to go where they raise the koi fish. I really want to see this. This is my own personal thing. I love the culture so much. I have so much appreciation for the artisans. I love the people dedicate their lives to the craft. I love the quality. You all seem to do so much better than we do, from the food to the jeans to the crafts. I'm really impressed and drawn to the way you do the things here. I'll talk about the kois for next hour.


――This film is set in outer space, yet it tells a story about the issues that we all deal with, about self identity and self discovery. Why did you want to tackle these issues in such a huge vast environment?


Brad Pitt: The film is structured in kind of an Odysseus search for self. I think space represents those mysteries of ourselves―just that loneliness. And I think that is why it works so well metaphorically as the backdrop for someone who has reached the point in his life, where the life that he's constructed is not working for him any more. And he's really questioning his meaning, his value in the world, his value to himself, and has to go out to the farthest reach of the solar system to really confront those issues of loss and regret and self-doubt, those things we carry through life and are usually very good at burying. In our film, he has reached to the point where he has to confront those, if he's gong to go forward. What I think I love the most about film is that it has the ability to illuminate our struggles, what it means to be human. And that's true for comedies, too, to laugh at our existence. I think that is the real power of film, and why I'm drawn to them.







――As a producer, why did you decide to play the lead yourself? What is the ideal director?


Brad Pitt: I'm old friends with James, the writer/director. We've been friends since the mid 90's and we've always talked about doing something together. I only get to do one film a year, so it really depends on how things line up and this one lined up at a time when... this was on my mind, the subject matter of this film. For me much as anything, it's more important because film is such a commitment, who I spend that time with and I believe in the story that I'm trying to tell. What I look for in a director is, I'm always looking for a point of view. When I sit down with a director for the first time to talk about a project, I'm listening to hear their personal point of view. Is it strong enough? Is it original enough? Does it point us in an interesting direction? And when I hear that I know I'm in good hands to go on that journey.


――When you were a little boy, did you ever want to become an astronaut? And if you did, how does Roy satisfy the child in you?


Brad Pitt: I don't remember having childhood desires to be an astronaut. I did have a desire to be an explorer, even though most of the earth had been explored so that doesn't really make sense, does it? But I mean spaceship... you know the child in me likes spaceship. I once had my pilot license, so to be in a cockpit flipping buttons that's even at my age, it's good kid vibe fun.


――I'm steady, I'm calm, I slept well, I didn't have bad dreams. Now it's time for you to have your psychological evaluation. We want to hear it.



Brad Pitt: I'm jet-lagged, I'm hungry, but I'm not going to bed because I want to go out to see more of the city.


[caption id="attachment_87623" align="alignnone" width="620"]

DF_00642FD.psd[/caption]


text Nao Machida

関連記事のまとめはこちら


https://www.neol.jp/movie-2/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング