UltraSuperNew Gallery グループ展「Back to Square One 」お題に沿った作品が展示される

NeoL / 2019年10月20日 12時0分

UltraSuperNew Gallery グループ展「Back to Square One 」お題に沿った作品が展示される


UltraSuperNew Galleryにて、USNにまつわるアーティスト達がある「お題」に沿って作品を制作・展示する「Back to Square One (振り出しに戻る)」を10月25日より開催。


この展示会は12人のアーティストが参加。毎年恒例である本展示、今年のテーマは「正方形」。参加アーティストは正方形の定義を多角的な方向から捉え、様々な表現方法で見せてくれる。


正方形とは、4つの辺の長さが全て等しく、4つの角の角度が全て等しい平面図形であることが一般的に知られているが、その概念についてはそれほど一般的ではない。その曖昧な概念を、繊細な絵画、超リアルなイラスト、建築デザイン、斬新なデジタル作品など、既成概念に囚われずに、さまざまなメディアを通して自由に表現する。


展示は、10月25日から10月31日までの間UltraSuperNew Galleryで開催。10月25日19時からオープニングレセプションも行われ、アーティストも在廊予定。


参加アーティスト:

Archibald Blondinet, Hanna Brieven, Julien Henrotte, Naomi Hirano, Jin Itomi, Ozy Kozy, Leonard Le, Tatsuo Morikawa, Cheryl Mui, Kelly Nguyen, Malo Yamakado, Gabriela Zumbado 


HP: https://gallery.ultrasupernew.com/tokyo/ja/exhibition/back-to-square-one/

関連記事のまとめはこちら


https://www.neol.jp/art-2/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング