草間彌生や村上隆、奈良美智など6人の“現代美術のスター”にフォーカス、森美術館で「STARS展」開催

NeoL / 2020年1月6日 8時32分

草間彌生や村上隆、奈良美智など6人の“現代美術のスター”にフォーカス、森美術館で「STARS展」開催

草間彌生
《ピンクボート》
1992年 
詰め物入り縫製布、ボート、オウル
90×350×180 cm 
所蔵:名古屋市美術館


「STARS展:現代美術のスターたちー日本から世界へ」が、森美術館で開催される。会期は、2020年4月23日から9月6日まで。


戦後の高度経済成長期、日本では国家規模のイベントが数多く開催され、国際化が進んだ。再びそのような気運が高まっている現在の日本では、2020年の東京オリンピックや、2025年の日本国際博覧会など、同様のイベントが企画されている。本展は、このふたつの時代のあいだを、日本の現代美術が広く世界で評価されるようになった時代ととらえ、国際的に活躍し、高い評価を得るアーティスト6名の軌跡を振り返る展覧会となる。


展覧会では、世界的に活躍する"現代美術のスター"として草間彌生、リ・ウファン、宮島達男、村上隆、奈良美智、杉本博司の6人のアーティストにフォーカスし、初期作品と最新作を中心に主要な展覧会歴、カタログ、展示風景写真、展覧会評などを紹介。


伝統や美学、テクノロジー、サブカルチャーなど日本固有の社会的、文化的、経済的背景を踏まえ、6人が世界からいかに評価を受けてきたのかを紐解く。また、1950年代から現在まで海外で開催された主要な日本現代美術展に関する資料も展示し、それぞれの時代の評価軸や系譜を検証する。





奈良美智
《Voyage of the Moon (Resting Moon) / Voyage of the Moon》
2006年
ミクスト・メディア
476×354×495cm
制作協力:graf
所蔵:金沢21世紀美術館
撮影:中道 淳/ナカサアンドパートナーズ





村上 隆
《Ko²ちゃん》
1996-2011年
合成樹脂、ラッカー塗料、グラスファイバー、鉄、コーリアン(台座)
181×61×102.5 cm


STARS展:現代美術のスターたちー日本から世界へ
主催:森美術館
会期:2020年4月23日(木)〜9月6日(日)
場所:森美術館 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー53階
開館時間:10:00〜22:00(火曜日のみ17:00まで、入館は閉館の30分前まで、会期中無休、5月5日は22:00まで)
入館料:一般1,800円、学生(高校・大学生)1,200円、子供(4歳〜中学生)600円、シニア(65歳以上)1,500円
電話:03-5777-8600
www.mori.art.museum

関連記事のまとめはこちら


https://www.neol.jp/art-2/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング