日本の古書 世界の古書が集う、“眺めて、買える”日本最大の古書市! 「ABAJ 国際稀覯本フェア 2020」開催

NeoL / 2020年3月12日 19時11分

日本の古書 世界の古書が集う、“眺めて、買える”日本最大の古書市! 「ABAJ 国際稀覯本フェア 2020」開催




ABAJ 創立 56 年目の開催となるこの催しには、日本国内の古書店はもちろん、ニューヨークやヨーロッパ等の海外の書店からも古書(古地図・美術画・浮世絵なども含む)が集い、およそ 5,000 点の古書が出品される予定だ。今回最高価格となる約2億円のコペルニクスの洋書や、織田信長・武田信玄・豊臣秀吉ら 25 通の書状が手鑑となった 『雲烟林』、世界的にも人気が高まる浮世絵の巨匠・葛飾北斎の画『みやことり』など歴史的価値も高い希少な古書から、1 円玉サイズの極少“豆本”の『かちかち山』、小泉八雲が江戸時代にタピオカドリンクのレシピを載せたレシピ集『クレオール料理』などの珍書に至るまで、古書マニアのみならず本好きなら誰でも楽しめる、眺めて楽しい・ 買って楽しい、国内最大級の古書即売会だ。

回を重ねるごとに人気を拡大してきた当会ですが、2 年前の前回開催時(2018 年)には、およそ 1,000 人のお客様が来場し大盛況で、今回も世界的に人気の拡がる浮世絵や妖怪・おばけ関連の古書などに人気が高まることが想定されている。
春の3連休は東京・有楽町にて、ぜひ日本の古書 世界の古書と共にお過ごしください。


○名 称:ABAJ 国際稀覯本フェア 2020 -日本の古書 世界の古書- (英名: Tokyo International Antiquarian Book Fair 2020)
○主 催:日本古書籍商協会(ABAJ)*
○日 時:3月20日(金・祝)12:00~19:00、21日(土)10:00~18:00、22日(日)10:00~16:00
○会 場:東京交通会館展示会場12階 カトレアサロンA・B (東京都千代田区有楽町2-10-1)
○出品数:約 5,000 点 (計 31 書店より/国内 20 書店、海外 11 書店)
○公式ページ:http://www.abaj.gr.jp/special/vol003/ ※全ての出品古書が PDF カタログでご覧いただけます
○一般問合せ先: ABAJ 国際稀覯本フェア事務局(TEL: 03-6367-6128)

関連記事のまとめはこちら


https://www.neol.jp/photography/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング