ストックホルム発スニーカーストアSNS から夏に向けたスウィムコレクションが登場

NeoL / 2020年5月22日 12時0分

ストックホルム発スニーカーストアSNS から夏に向けたスウィムコレクションが登場


ストックホルム発スニーカーストアSNSからベニスビーチからインスパイアされたスイムコレクションが登場。
パステルカラーとトーンダウンしたネオンカラー、そしてハングルースのアートワークが特徴ナイロン製のスウィムトランクス、キャップ、Tシャツとタオルから構成されるコレクションは、ビーチを愛する私たちのエッセンシャル。
キャンペーンはビーチでの撮影の代わりに、ズームでモデルを撮影することに挑戦。
家でもビーチ気分が楽しめる90年代の明るいローファイな雰囲気のコレクションを楽しめる。
コレクションは5月9日(土)よりwww.sneakersnstuff.comで発売。


























問い合わせ先:
SNEAKERSNSTUFF TOKYO (SNS TOKYO)
〒150-0034 東京都渋谷区代官山町13−1 ログロード代官山 2号棟、3号棟、4号棟
営業時間:11:00-20:00(無休)
※新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い現在臨時休業中。
今後の情報については随時インスタグラムにて更新。


About SNS:
1999年にストックホルムでErik Fagerlind (エリック・ファーガリンド)とPeter Jansson ( ぺーター・ヨンソン)が創業したスニーカーショップ。二人は北欧のスニーカーシーンのパイオニアであり、現在ではグローバルのスニーカー/ストリートウェアのシーンを引率する重要人物として知られている。
90年代後半、スポーツ店で働いていた二人は、スニーカー市場のリサーチと限定スニーカーを買うためにNYに旅行に行く。そこで当時大手のスニーカーチェーンしかなかったスウェーデンにレアなスニーカーを取り扱う店が全くないことに気付き、ニッチ市場を見つける。1999年の5月26日にストックホルムにレアなスニーカーを取り扱うショップ Sneakersnstuff をオープンする。その後すぐオンラインサイト www.sneakersnstuff.com を立ち上げ、そこから20年経った現在、Sneakersnstuffはストックホルム、ロンドン、ベルリン、パリ、ロスアンゼルス、ニューヨーク、東京と全世界で7店舗を展開する。


SNSはクリエイティビティをモットーとする。
私たちは包括的であり、積極的に地域社会に貢献する。
私たちは新しいものを愛し、伝統も愛する。
私たちは常にすべての分野で平等を促進する。
自分の心に忠実に、遊ぶときも仕事のときも一生懸命でありたいと思っている。
私たちは歴史を尊重しながら、未来を受け入れる。
そして如何なる時もスニーカーを履いている。
@sneakersnstuff
@sneakersnstuff.tokyo

関連記事のまとめはこちら


https://www.neol.jp/fashion/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング