【ウラ芸能】安藤美姫、「父親探し」作戦の行方

NewsCafe / 2013年7月8日 12時0分

デスク「先週は、フィギュアスケートの安藤美姫(25)が衝撃の出産告白。じぇじぇじぇっだったなあ…」

記者「もう1つ"じぇ”をつけたいくらいのサプライズでした」

デスク「そこまでやらねーよ(笑)。それはともかく、ミキティが産んだ娘の父親は結局誰なんだ?」

記者「安藤が事実上同せいしており、ジュニア時代から仲がよかった元フィギュア選手で今は細々とアイスショーに出ている南里康晴(27)が最有力ですね」

デスク「一時は結婚説もあったロシア人の元コーチ、ニコライ・モロゾフ氏(37)じゃないの?」

記者「モロゾフが父親なら、生まれてきた子の顔ですぐに分かりますから、その可能性は低いですね。ただ、安藤がモロゾフと師弟関係を解消後にドタバタがあり、ちょうど昨年の6月ごろに2人で会い、そこで焼ぼっくいに火がついて妊娠という説を唱えるムキもあります」

デスク「ミキティのほうは、これ以上"父親探し”をしないでくれ、とアピールしたそうだね」

記者「実は"父親”については、南里もそれを否定し、第三の男説も浮上。当面マスコミは父親探しをせざるをえない状況です。ただ、フィギュア界ではすっかり影が薄くなっていた安藤は、久々に大きな脚光を浴びて内心ニンマリじゃないですか」

デスク「来年2月開催のロシア・ソチ五輪出場を目指すとブチ上げてるし、これ以上ない話題づくりだ」

記者「シングルママが五輪出場…なんてことになれば最高のドラマです」

デスク「たとえ代表に漏れても、プロに転向した際にママの顔があればタレント価値は大きい」

記者「安藤の告白をテレビ朝日が独占したことに、各キー局は悔しがっていますが、今後は安藤の取り合いになるかも…」

デスク「ま、五輪選考で結果を出せばね」

記者「その時は、じぇじぇの4連発で」

デスク「しねーって!」

NewsCafe

トピックスRSS

ランキング