気分屋、奔放、二面性…AB型は「二重人格だと思う」6割

NewsCafe / 2013年7月30日 12時0分

写真

気分屋、奔放、二面性…AB型は「二重人格だと思う」6割

心理学の分野では、人の性質を分類することによって捉える「類型論」という考え方があるのだという。古くは紀元前460年頃の医師・ヒポクラテスが「四体液説」を掲げている。4種の体液と言われると血液型を思い浮かべるが、この場合は「血液、粘液、黄胆汁、黒胆汁」である。
人間はこの4種類の液からできていて、性格にも影響を与える。血液が多い人は楽天的、粘液が多い人は鈍重、黒胆汁が多い人は憂鬱で、黄胆汁が多い人は気むずかしい気質…だそうだ。なんだか「血液型占い」に近いような気がしてくる。
もちろん現代医学にこの説は継承されていないが、大昔から似たようなことを論じていたのだと思うと面白い。何かと"分類"したくなる気持ちは、人間の遺伝子に備わっているものなのかもしれない。
そこでNewsCafeのアリナシコーナーでも、巷でよく耳にする「AB型は二重人格だと思う」という声の是非が調査された。結果とともにさまざまな意見をご紹介しよう。

【アリ…58.9%】
■身近なAB型は皆そう。もちろん、そうじゃない人もいると思うけど。
■裏表がある。理解できずに困惑します。
■外面がよくて腹のなか真っ暗!
■二重人格というより気が変わりやすい。
■実体験。凄く優しい面と自分勝手な自己チューの面、戸惑う。
■私AB。仕事とプライベートは別人と言われる。
■自分がAB型だけど二重どころか多重だから。
■ていうか、アブノーマルな性格。コアなエッチを好むらしい。
■AB型は、双子座より裏表有りすぎ。
■はい、自分を見ていてそう思います。

【ナシ…41.1%】
■誰でも裏と表はあるでしょ。
■血液型で人を判断しない。
■むしろA型の方が。表面はイイコ、裏では別人が多い。怖いわ…。
■B型の方が酷い。
■二重人格ではなく二面性を持ってる人は確かに多いです!
■マジな二重人格は双子座らしい。もう血液型差別はやめて。
■AB型だけど二重人格ではなく二重アゴです。
■多重人格だろ(笑)。
■血液型占いは日本だけ。話しの取っ掛かりにはなるけどね。
■私ABですが、いつもそう言われて腹立ってます。

実に6割もの人が【アリ派】に投票する結果となった。血液型による性格分析に根拠はないはずだが、過半数の人が「アリ」と答えて具体的なエピソードを挙げている。
一方の【ナシ派】の最多意見「二面性は誰にでもある」は、ごく当たり前のことだ。これを踏まえた上で、票の偏りの理由を考えるとすれば「"AB型は二重人格"という巷の声が印象にあるため、AB型の人と対面した時、その特徴をより強く感じ取る」…ということだろうか。

[文・能井丸鴻]

NewsCafe

トピックスRSS

ランキング