広島原爆投下の日に考える平和主義

NewsCafe / 2013年8月7日 15時0分

「私の最大のメッセージは、真実を学んでほしいということ。若者に関心を高めてほしい。被爆者が亡くなっていくなか、彼らが生きているうちには核の廃絶はできないかもしれない」

映画監督のオリバー・ストーン氏(66)は、広島を訪れました。その際、朝日新聞のインタビューに以上のように答えています。オリバー・ストーン氏は1967年にベトナム戦争を経験した、ベトナム帰還兵。「プラトーン」「7月4日に生まれて」「JFK」など、なぜ、アメリカがベトナム戦争にしなければならなかったのか、という問いを続けています。

なかでも「JFK」は私も最も好きな映画の一つです。第35代大統領、ジョン・F・ケネディの暗殺事件を元に描いているものです。この映像は、初めての日米間のテレビ衛生通信放送だったことで、テレビ史にも大きく刻まれることになったのです。この暗殺事件は様々な黒幕が言われていたが、逮捕されたのは、オズワルドで単独犯行説が主流となりました。

しかし、そのオズワルドも殺害され、すべては闇の中になってしまいました。オリバー・ストーンは、この暗殺事件とベトナム戦争との間につながるがあるという大胆な仮説を作り、映画化したのです。そんなオリバー・ストーンは、アメリカ現代史を見直すドキュメンタリー『The Untold History of The United States』を作り上げました。

アメリカ政府の代表として今年もルース大使が平和祈念式典に参列しました。今年で三回目です。しかし2010年までアメリカ政府は式典に参列はしませんでした。アメリカにとっては「加害者性」が全面に出てしまいかねないタイミングです。そのため、これまで参列はしませんでしたが、オバマ大統領になって態度を変えました。09年4月に、核を使用した唯一の国として「道義的責任」を言及しています。ただ、大統領自身は参列せず、また、10年には臨界前核実験も行なっており、オバマ大統領でさえ姿勢が揺らいでいます。アメリカの舵取りの難しさがあるのでしょう。

戦争で唯一核兵器が落とされた被爆国の日本ですが、東日本大震災では東京電力・福島第一原発の事故を経験しました。もちろん、戦時における核兵器の使用と、平和時での原発事故を同一線上で語るのは難しいものがあります。核兵器の使用は、戦争が起きたとしても、それを使うかどうかの選択です。原水爆ではなくとも、貧者の兵器ともいわれる「化学兵器」の使用も止めなくてはなりません。その意味では、犠牲者をなくすためには、究極的には戦争がなくならないといけません。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NewsCafe

トピックスRSS

ランキング