【ウラ芸能】宮沢りえ、急浮上した男の名前

NewsCafe / 2013年8月15日 13時25分

記者「NHK朝ドラ『あまちゃん』絡みでビッグなネタがありそうですよ」

デスク「とうとう、ヒロインの能年玲奈(20)にスキャンダル発覚ってか!」

記者「そっちのほうはサッパリ…能年は相変わらずスキャンダル処女なんですが、ドラマの中で能年と対決するプロデューサーを演じる古田新太=ふるた・あらた=(47)の女のウワサです」

デスク「古田って、妻子がありながら、劇団時代から共演女優を食うので有名だし、写真誌に女とのツーショットをキャッチされてもガハハって豪快な感じだけど…。相手は誰よ?」

記者「この夏、蜷川幸雄演出で1970年代のアングラ風の味付けが話題になった舞台『盲導犬』で共演した女優、宮沢りえ(40)ですよ…」

デスク「おお、りえが古田演じる盲人をパンツ脱いで誘うって…前にも話題にしたな」

記者「ええ、公演は東京だけでなく、8月に入って大阪でも上演されたんですが、その間に古田は東京の芸能マスコミの目も届かない地元の大阪でりえにアプローチしたそうです」

デスク「で、りえにその気はあるの?」

記者「離婚問題が解決していないですから…。今ここで古田と男女の関係になるとまずいでしょ」

デスク「古田は見境なく口説くからホンキとは思えないし…」

記者「実はどこも2人の決定的な現場は押さえてないんです」

デスク「りえが古田の誘いに乗るとは思えないけど、動きがある可能性はある。引き続き取材してくれよ」

記者「ヘーイ!」

NewsCafe

トピックスRSS

ランキング