【ウラ芸能】矢口真里、「休業宣言」の意味

NewsCafe / 2013年10月17日 15時0分

デスク「復帰間近と思ってた元モー娘。のタレント、矢口真里(30)の休業宣言だけど…」

記者「事実上の引退と思った人もいるようですが、実際は逆。不倫現場を夫だった俳優、中村昌也(27)に見られたことが発覚し、大騒ぎになって離婚。休業の正式発表もないまま、その流れで謹慎してるだけでしたから…」

デスク「つまり、それでは復帰しにくいから、改めて休業宣言してみそぎをやり直すってか」

記者「今年5月の不倫発覚の際は業界内で矢口の下半身のことがいつも話題になったのが、夏以降はパッタリ話題にもなりませんでした。本人は復帰するタイミングが遠のくばかりと焦ってもいました。休業宣言で区切りはついた格好です」

デスク「先月末、モー娘。をプロデュースしたつんく♂(44)が、『そのうち明るく帰ってくるんじゃないか』とか言ってたから、秋のうちに復帰と思ってたんだけどな」

記者「確かに、明石家さんま(58)や有吉弘行(39)が仕切るバラエティーで年末にも復活との見方が濃厚でしたが、10月に宣言して年内復帰は短いでしょう」

デスク「っていうことは来年春口か。にしても、矢口はお茶の間で受け入れられるかね?」

記者「矢口は9月に入って、前夫の中村にDVを受けていたとか、借金があったとかのネガティブ情報を発信し、自分の不倫の非だけが離婚原因ではない、とアピールしていましたが、夫のいない間に自宅で不倫というのはなかなかできることじゃないですよ」

デスク「矢口の行為を容認する人もいるけど、圧倒的多数はトンデモないって思ってる」

記者「不倫行為にはやはり多くの人は保守的です。それを肯定的にとらえる言動は矢口にとってはマイナスです」

デスク「復帰会見でどう頭を下げるか…公開の場でみそぎがない限りは本格復帰はできないね」

記者「そういうことです」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング