【ウラ芸能】引退・五十嵐隼士、Uターンの真実

NewsCafe / 2013年11月21日 15時0分

記者「この前、話題にした芸能界を引退する俳優、五十嵐隼士(27)なんですが…」

デスク「『ウルトラマンメビウス』(TBS系)とか『ROOKIES』(同系)に出て人気だったヤツだよね」

記者「ええ。所属する若手俳優集団D-BOYSの選抜メンバーから構成したD☆DATEのメンバーとして、17日に東京ドームシティホールであったファイナルコンサートは大盛り上がりでした」

デスク「そこでファンにも報告したってな。で、結局引退のワケって何なのよ?」

記者「そこでは、今後は実家の家業を継ぎ社長になると宣言。簿記の勉強も始めたと言ってました」

デスク「ふーん…」

記者「実は五十嵐は、以前からずっと芸能界にいるつもりはない、と漏らしていて、『将来はお店を経営したい』と周辺にも語っていたんです。だから、彼を知る人間はあまり驚きはなかったそうです」

デスク「なるほどね」

記者「五十嵐の場合、しょっちゅう目撃されていた場所が場所だったこともあり…」

デスク「場所って?」

記者「地元が長野県の軽井沢なんですが、その地元にほとんどいるらしいんです。確かに東京から新幹線で1時間程度ですが、アイドルが田舎にちょくちょく帰っているなんて、なんだか変な話。ホームシックにかかりやすいのか、よほど都会の水が合わないのか、と」

デスク「帰りたい理由があったんだろうよ」

記者「そう、さすがデスク! 実は高校時代から付き合っている彼女もいるそうです」

デスク「いったん華やかな世界を知った人間が地道に生きられるのか、とも思うけどな」

記者「その時は、地元密着型アイドルを副業にしますよ」

デスク「男版あまちゃん、無理だって!」

NewsCafe

トピックスRSS

ランキング