【ウラ芸能】なぜ今? 「過去疑惑」が出るワケ

NewsCafe / 2013年12月9日 15時0分

今年7月、AKB48を卒業したモデルでタレント、篠田麻里子(27)の「元キャバクラ嬢疑惑」が再燃しているという。
「篠田がデビュー前に福岡・中洲のキャバクラで働いていたとは以前から根強く言われていますが、その疑惑を裏付ける新証拠が急浮上しています」とはアイドルアナウオッチャー。
どんな証拠?
「それは1年以上前、一般人男性がネットに投稿した画像です。この男性は『篠田が専門学校時代、中洲で働いていたことは、知っている人は知っている話』と切り出し、さらに『彼女を指名して楽しく4人で飲んだり話したりしてました。麻里子さまをよく知っています』などとブログに綴っています。男性は証拠として篠田が使っていたガイアという店名入りの名刺画像をアップしたのです」
そこで篠田はどうだった?
「驚異的な指名率のキャバ嬢が他にいて、篠田は店の万年ナンバー2だったそうです」
にしても、なぜここまで篠田のキャバ嬢情報が頻繁に出てしまうのか?
「それは篠田をよく思っていない勢力の妨害ですよ。篠田は有力者やプロデューサーには媚びたりする反面、ADやお笑い芸人などには見下した態度を取る。要するに性格の悪さで敵を多く作ってきたんです」
なるほど…。
「キャバ嬢といっても、風俗嬢だったわけでもない。ここまで大げさに言われ続けるのは、篠田の欠点を見つけては評判を落とそうと躍起になる連中がいるから。損得ばかり考え、使えない人脈は見下した報いが、過去の疑惑を小出しにするネガティブキャンペーンにつながるわけです。さらに、篠田はインタビューでは、遅刻の常習者として知られ、それでも一切謝らず、インタビューが終わると挨拶もなしに帰ることで有名です」
このあたりで行動を改めないと、キャバ嬢疑惑以上の過激なまりこ様情報を流されるかも?!

NewsCafe

トピックスRSS

ランキング