衝撃話、それって赤ちゃん虐待じゃないの?

NewsCafe / 2013年12月20日 17時15分

写真

衝撃話、それって赤ちゃん虐待じゃないの?

出生数が過去最低を更新するなど少子化に歯止めがかからず、子育てが重要になる中、フィンランドから赤ちゃんの育児についての興味深いレポートが届きました。2010年からフィンランドに移住、日本人旅行者向けプロジェクトに携わるVisit Lakeusさんからの報告です!

『赤ちゃん虐待?』from「Visit Lakeus」by Visit Lakeusさん

Moi!

今朝方夢を見ました。道路は雪も溶け、すっかり乾いて自転車で家に帰っている夢。あまりに暖かいのでダウンジャケットをオフィスに忘れてしまったけど、なんと過ごしやすい気温♪というところで終わりました。

実際は…道の雪はほとんど溶け(ここまでは一緒)、まだ完全には乾燥しきっていないため、薄い氷になったり霜になったり。一瞬自転車で行くことも考えましたが、安全策を取って車にしました。気温は…やはりダウンジャケットを忘れさせるような暖かさではなかったですきっと日本の冬が潜在意識の中に植えついていたのでしょうね。酷寒ではないものの、今日は-2度の気温が続きます。

今日は私がフィンランドに来たばかりの頃のお話です。

友達のお子さんの誕生日パーティーによばれたときのこと。そのパーティーには小さい赤ちゃんを連れてきているカップルもいました。食事も一段落したところで、女性が赤ちゃんの身支度を始め、ちょっと外に連れて行くわね、と。ちなみにそのときは11月の頭でしたが外は-10度ぐらいだったと思います。

外に?えーっと、どちらに?何のために?どうして??

頭の中が?でいっぱいになる私をよそに女性は

赤ちゃんをテラスで寝かせるの。(←マイナス10度ですが?)その方が赤ちゃんはよく寝るから。

えーっと、えーっと、それって赤ちゃん虐待じゃないのでは?
でも周りに居合わせたフィンランド人達は皆"そう、そう、赤ちゃんは体温が高いからちょうどいいんだよ。"

この考えはフィンランドでは一般的なようで、この衝撃話を日本人の友達にしたら、彼女もびっくり。
"やっぱり危ないよね。"
というのが私達の見解。
でも一緒にいたフィンランド人は
"そうそう、赤ちゃんを外で寝かせると鳥やネコがやってきて襲うこともあるから危ないのよね。"

え?そっちですか?赤ちゃんの体温じゃなくてネコの方が危険??

この信仰(そしてよく寝るという実証があるのでしょう)が浸透しているため、マイナス5度前後の天気ならベビーカーを押して歩いている人たちをよく見かけます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NewsCafe

トピックスRSS

ランキング