【ウラ芸能】能年玲奈、ヒゲ厳禁のワケ

NewsCafe / 2014年1月6日 15時0分

デスク「暮れも総集編やら紅白やら、NHKは朝ドラ『あまちゃん』のヒロイン、能年玲奈(20)をずいぶん引っ張り回したな」

記者「彼女も育ててもらった恩がありますから、仕方ないです」

デスク「にしても、能年って相変わらず受け答えがさえないな」

記者「前から言われていますが、コミュニケーション能力に欠けますね」

デスク「あれで、だいぶよくなったんだろ?」

記者「所属事務所も、記者会見できちんと話せるよう勉強会を開き、いろいろ教え込んだと聞きます。去年、『笑っていいとも!』(フジテレビ)に出演したとき、あまりに話題が飛んで支離滅裂になり、司会のタモリ(68)が困ってしまうほど、能年は会話のキャッチボールがヘタ」

デスク「芝居はうまいぞ」

記者「でも、現場で監督や共演者と会話が成り立たないといろいろ問題が出てしまいます」

デスク「一つのことに夢中になると、周りが見えなくなるタイプだろ」

記者「そうなんです。能年は付けヒゲが好きで、趣味で集めているんですが、インタビューでおみやげにヒゲを持って行った記者がいて、能年はそれに夢中になり、インタビューは上の空。目線はずっとヒゲを見つめ、途中から『すみません。ちょっとだけいいですか』と自分でそれを付けて鏡を見ながらいろんなポーズを取ったとか…」

デスク「かわいいじゃん!」

記者「それで記者たちは『付けヒゲは喜ばれても、取材中に出すのはまずい』と学習しました。あとは難しい用語の意味をあまり理解していないので、簡単な言葉に置き換えないと、きょとんとしてずっと沈黙されて困るとも」

デスク「まあ、まだ子供ってことではあるけど、今年は夏に主演映画『ホットロード』の公開もあるし、また露出が増えるぞ」

記者「ただ、型にはまりすぎてあの天然キャラが消えると逆効果かも」

デスク「オイラも同感だ。能年は今のままでいいぞ!」

NewsCafe

トピックスRSS

ランキング