【ウラ芸能】酒井若菜、ホラー映画を食った劣化ぶり

NewsCafe / 2014年1月24日 15時0分

デスク「女優、酒井若菜(33)がすごく劣化してるって?」

記者「驚きを通り越して同情と心配の声があがっています」

デスク「まだ若いのに?}

記者「先週封切られたホラー映画『バイロケーション』の完成披露試写会に登場した際の写真が各ニュースサイトにアップされたんですが、それがヒドイと…」

デスク「まあ、確かにそうも見えるな」

記者「現場でも、舞台挨拶に登場した途端、皆、えっ!?って感じでした。ロングのおかっぱ頭はいいんですが、前髪が眉毛のはるか上でパッツンパッツンに切り揃えられ、アゴが二重。二の腕はだぶたぶだし、足も太くて、自慢の巨乳は垂れて下方で揺れていました」

デスク「もともと頬がふっくらした感じで、眠そうな目と童顔が魅力的だったけどね」

記者「表情がやけにキツクなってましたね。目がつりあがって見えました。ほうれい線がくっきり出てしまったので急に老けたオバちゃん顔になった感じです」

デスク「酒井って巨乳を武器にグラビアアイドルで活躍したけど、2005年に初舞台『キレイ-神様と待ち合わせした女』を降板した過去があるだろ」

記者「体調不良を理由に、女優業は1年ぐらい休み、復帰後は文筆活動を含めて細々と芸能活動を続けてきた中、去年は出版したセミヌード写真集も『30過ぎたらキツイ』と評価は散々でした。ここにきてあの劣化ぶり。主演の水川あさみ(30)もさすがに『なんでそんな髪形にしちゃった?』と来場者全員の気持ちを代表質問したほどです」

デスク「芸能界に復帰できたのは奇跡って感じだな」

記者「ネットでは恋も仕事もうまくいかないことによるストレス太りを指摘する声も出ていますが、これを機に磨き直しができるかどうかです」

デスク「映画よりそっちのほうがホラーのような気がするよ…」

NewsCafe

トピックスRSS

ランキング