【ウラ芸能】勝俣州和、真冬でも短パンのワケ

NewsCafe / 2014年2月8日 15時0分

デスク「いつもテレビ見てて思うんだけど、タレントの勝俣州和=くにかず=(48)ってどの番組でも衣装が短パンって決まってるの?」

記者「ドレスコードがある企画以外は、仕事もオフも短パンがトレードマークになってます」

デスク「短パンがよっぽど好きなんだ。スタジオの中なら分かるけど、外でも冬場に短パンっていうのは信じられないな」

記者「一応、理由がありますね。15、6年前、仕事で落ち込んでいた勝俣がディズニーランドでパレードを見た時、主役のミッキーマウスの横で地味に踊っていたピノキオを見て、『主役にはなれなくても一生懸命がんばれば皆を楽しませることができる』と悟ったそうです」

デスク「ピノキオかぁ、確かに短パンはいてる」

記者「ピノキオはウソをつくと鼻が伸びますから、『天狗にならないように』という自戒の念もあるようです」

デスク「なるほどねぇ」

記者「ディズニーランドは自分にとっての聖地だから、遊びに行く時は新しい短パンをおろして出かけるそうです」

デスク「そっか、単なるイメージ戦略じゃなかったわけだ。その姿勢は立派だな」

記者「最近はなぜか『勝俣をディズニーランドで見かけたら幸せになれる』とまで言われているらしいですよ」

デスク「よし、オイラもディズニーランドで勝俣を探して、写メを待受にしよ」

記者「あ、話しかけちゃダメ。ディズニーランドでは主役はミッキーであって、自分は単なる1ファンだからと握手や写真撮影は断るはずです」

デスク「チーン…」

NewsCafe

トピックスRSS

ランキング