人間を点と見た非人間性

NewsCafe / 2014年4月26日 11時30分

写真

人間を点と見た非人間性

兵士の命を危険にさらさず、遠隔操作で戦場の任務を遂行する無人機。これまでアメリカやイスラエルが積極的に開発を進めてきたが、最近は中国も無人機開発に手をつけ、尖閣諸島付近の上空に現れるなど、無人機の運用が世界的に広がっている。さらには、「自律型」のロボット兵器開発も進んでおり、近い将来、攻撃の判断すら無人化された「殺人ロボット」が戦場の主役となる日も考えられる。しかし、こういった無人化される戦場に対し、国連が人権への影響に強い懸念を示すなど、大きな問題となっている。

■無辜(むこ)の民を巻き込む空爆
アフガニスタンとの国境に接するパキスタンの部族地域は、タリバンと国際テロ組織アルカイダ系の武装勢力の拠点であり、2004年から米・無人爆撃機の最大の標的となっている。国際人権団体「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」によると、2009~13年にあった無人機による6件の空爆を検証した結果、死者82人のうち57人が市民だったと発表した。無人機の脅威は、常に部族地域を脅かす存在であり、パキスタン首相は、米軍による空爆の停止をオバマ大統領に厳重抗議している。しかし、テロリストと一進一退の攻防を続ける米としても揺るがない姿勢をみせ、平行線を辿っているのが現状だ。自国の政府に不信感を募らす市民らは、世界へ訴えることを意識し始める。

■アートで世界に訴える試み
現在、最も注目されているフランス人アーティスト「JR」。地域・社会が内包している問題を巨大な写真で表現し、ところ構わず張り出すことで「世界で最も大きな展示場を持っている」との呼び名を持つ新進気鋭のストリートアーティストだ。JRは、パキスタンでの米軍による無人機誤爆問題に憤りを感じ、ある試みで世界にこの問題を訴えた。

■巨大なポートレート
JRらは、無人機が放ったミサイルで肉親を失った子どもを写した巨大なポートレート(肖像画)を、パキスタンのカイバル・パクトゥンクワ州にある農村に設置した。その目的は、操縦士らがビデオカメラを通してポートレートを見ることで、無差別に攻撃ボタンを押す前に巻き込まれる民間人のことを考えてほしいと呼び掛ける為だ。SOSサインを上空から識別するパイロットの役割を上手く利用した試みだ。JRの主張では、最終的には米政府に対話を作り出すことが希望であると語っている。しかし、市民を人質にとるようなテロリストらをも保護してしまうとの懸念の声も上がっている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NewsCafe

トピックスRSS

ランキング