【ウラ芸能】大ヒット「アナと雪の女王」でカラ回り

NewsCafe / 2014年5月3日 15時0分

デスク「ディズニーのミュージカルアニメ『アナと雪の女王』が絶好調だな」

記者「動員数1000万人超え、興行収入128億円突破と景気がよく、GWを過ぎれば、さらに伸びるでしょうね」

デスク「去年の大ヒット宮崎アニメ『風立ちぬ』の興収120億円を抜いちゃった…」

記者「ですよね…」

デスク「主人公姉妹の声優兼主題歌・劇中歌を歌う女優、松たか子(36)と神田沙也加(27)が絶賛されてるし…」

記者「絶好調の感アリ…です」

デスク「世界各国ハージョンでは松の歌声が世界で絶賛されてるらしいな。松と神田は映画の宣伝活動で一緒にバラエティーに出てたけど、紹介される映像とか歌って、松に限られてる感じで違和感がある。神田の歌ってどうなん?」

記者「うまいですよ。母親(松田聖子)以上の実力で、自分は松よりもうまいと思います。松もヘビースモーカーだった割に声がいい。そんな中で気の毒なのが主題歌『Let It Go~ありのままで~』を歌う歌手、May J.(25)です」

デスク「この前、『Mステ』(テレ朝系)で歌ってたの見たけどなんか印象違う」

記者「そうなんです。今まさにお気の毒状態。May.Jはエンドロール版を担当し、公開前からさまざまなテレビ番組で歌声を披露してきたんですが、『Mステ』放送中からネットでは『なんか違う』と酷評の嵐…」

デスク「なんかさぁ、歌うまいのは分かるけど、いちいち『ハッ。スッ』みたいな独特のブレスが耳ウザイ」

記者「その通りで『技術優先で感情を感じない』『息うるせー』の酷評の嵐です」

デスク「せっかくの大ヒット映画で歌える権利を利用してるっていうかカラ回り感あるな。必死すぎて気の毒…」

NewsCafe

トピックスRSS

ランキング