日本人女性が暴行で物議

NewsCafe / 2014年5月31日 10時0分

写真

日本人女性が暴行で物議

海外で「日本人の特徴は?」と聞くと、一に「礼儀正しい」、二に「OTAKU」と返ってくるだろう。オタクは一部関心を持つ人間だろうが、「礼儀」に関してはよく耳にする話だ。日本人の礼儀の正しさは「和の心」即ち、「個人を重視するのではなく、集団における秩序や調和、また礼儀を重んじること」との意味を持っている。思い起こせば、2011年。東日本大震災において、被災者らは未曾有の事態に置かれている状況下でも、集団の中で相手の意思を読み取り、波長を合わせて行動をし、決して争わずに調和を保っていたと、国内外から称賛の声が寄せられていた。しかし、先日、台湾からこのようなニュースが飛び込み、日本人のモラルが問われる事態に・・・。

■「日本人女性がバス運転手を暴行」
今週26日、小太りな飯塚順子さんは、台北市の市街地にある目的地までバスを利用していた。どうやら降りるべきバス停で停車ボタンを押し忘れていたため通り過ぎ、運転手に日本語で猛抗議していた。運転手は日本語がわからないのでバスを停め、女性が「ここで下車したい」と場所を書き示した紙を運転手に渡した。そこで、運転手は「ここは◯◯ですよ」と返信。少し過ぎたけど降りられますよ?と伝えるが、女性は激怒し、運転手にとって乗客の安全を握る手足を蹴りあげ、さらには運賃箱をたたいて車内備えつけの紙とペンを床に投げつけていた。そこに警察官が駆けつけ、女性に対し、運転手への謝罪をするよう促すが、女性は拒否し交番へ連行された。警察は、言葉の壁により意思疎通が出来なかったことで発生した事件だとしており、女性を公共危険罪で送検。その後、運転手側が提示していた和解金も当初の20~30万台湾元(約67~100万円)から5万台湾元(約17万円)に引き下げられたが、女は受け入れを拒否したため、運転手は告訴に踏み切ったという。
これらの事件を受け、台湾の掲示板ではこのようなコメントが掲載されていた。
・中国語が解らず降り損ねて運転手に八つ当たりって、どういう神経してんの?
・不細工、教養なし、低レベル、日本に帰れ!
・アンタのせいで日本人に対する好感度が下がってるぞ!
・個人が起こした事件だよ。どこの国かは関係ないでしょ。
・日本人は、このような醜い行為をする人々ではないよ…。
・私の日本人の友達は、皆丁寧な人達だよ...この女性は異常者だよ。
・公開された動画だけど、私なら女性が降車ボタンを押す場面から公開するけどね。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング