【ウラ芸能】迫る「総選挙」、さしこトップに不安

NewsCafe / 2014年6月5日 15時0分

デスク「週末は総選挙だな…」

記者「7日に東京・味の素スタジアムで発表される第6回AKB48選抜総選挙ですね。なんと言っても、先月の襲撃事件からまだ日が浅く、来場者7万人のセキュリティーチェックも大変なことになりそうです」

デスク「その翌日は大島優子(25)の卒業コンサートで同じくらいのアイドルオタクが大集合ってか」

記者「オタクはまずいっすよ。ま、警備の件はともかくとして、大島の卒業が選挙にも影響しています」

デスク「先月21日発表された速報では、1位が福岡・HKT48の指原莉乃(21)、2位がAKB48の渡辺麻友(20)、3位が名古屋・SKE48の松井珠理奈(17)、4位はAKB48の柏木由紀(22)…っていう大勢に変化ナシだろ。さしこは2位以下とかなり差をつけてるみたいだから、順当にさしこが2連覇って…」

記者「いや、それがですね、大島が公式ガイドブックで『麻友に1位を獲らせたい。あの景色を見せたい』と言ったことが波紋を呼んでるんです」

デスク「卒業する大島がさしこでなく、まゆゆを後継指名して、ファンが雪崩を打ってそっちに入れるってか」

記者「その可能性はあると思います。実際、オンラインマーケティングを手がけるルグランという企業が口コミ情報やメンバーの出演情報などをビッグデータ化して分析した結果を発表しているのですが、まゆゆがさしこを振り切ってトップになると予想しています」

デスク「ほぉ~。さしこものんびりしてられないってわけか」

記者「もともとアイドルの王道とは言い難かったルックスのさしこを育てて頂点にした、とさしこファンは自負していますから、直前になってさしこ陣営の"選対"は負けられない、と引き締めてるそうです」

デスク「ほんとに議員の選挙みたいだぜ」

記者「さしこ陣営には強力な助っ人も登場しています…」
デスク「いったい誰よ?」

記者「ロック歌手の内田裕也(74)。彼が新曲でさしことコラボしていることもあって、さしこ推しを表明しているんです」

デスク「そりゃ逆効果だ。さしこのバックにあんなじいさんがいたんじゃ…。オイラはまゆゆが逆転すると言っておくよ」

記者「それ覚えておきますよ!」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング