【ウラ芸能】元AKBを狙う『レーベル』

NewsCafe / 2014年6月18日 15時0分

総選挙や大島優子(25)の卒業コンサートも終わり、AKB48ファンも一息ついたところに、仰天の情報が流れている。
「歌手、華原朋美(39)と破局した明治天皇の玄孫(げんそん)で憲法学者の竹田恒泰氏(38)との結婚のウワサもある元AKB48・畑山亜梨紗(23)がセミヌードを披露したじゃないですか…」というのはアイドルアナウオッチャー。
ああ、先日発売された週刊誌で5ページにわたりセクシーな姿をさらしたね。
「畑山はその後もメディアに登場し、竹田氏のことを『初めてお付き合いした人』などとアピールしていますが、竹田氏が無言を貫いているため、売名の線が濃厚です」
まあ、それは考えられるけど、畑山の狙いは何?
「セミヌードから一気にAVにまでシフトする可能性が出ているんです」
えっ、信じられない!
「畑山にはエロ専門チームが極秘オファーをしており、有名AVメーカーが『元AKB』のタレント専門のレーベルを作ろうとしているのです」
確かに元○○…というのは、AVのジャンルとしては確立している。
「元アイドルや芸能人を専門とするレーベルは存在しますが、元AKBとなれば役者が違いますよ」
注目度はかなりのものになるね。
「AKBファンには知られた話ですが、やまぐちりこの名前で卒業後にAV女優を一時やっていた中西里菜(25)や逢坂はるなとしてAVに出演した成瀬理沙(20)らのように、既に道筋はできています。ひっそり卒業するメンバーからどんどん出てくるでしょう。一気に名前が知れ渡った畑山は、今後はストリッパーも兼ねるほど稼げるAV女優になるでしょう」
なるほど…。
「元AKBメンバーはファン層が幅広いので、普通にデビューしたAV女優よりも売り上げは3~4倍もある。しかもAKB人気にもかげりが見え始めているから、今後もお金に困った卒業者が、大量にAV業界に再就職する可能性もある」(先のウオッチャー)
今どきの若い女は脱ぐことへの羞恥心はあまりない。もちろん、お金になるなら、その先も抵抗は少ないってことなのだろう。

NewsCafe

トピックスRSS

ランキング