【ウラ芸能】日テレ「卒業」の木村優子氏が…

NewsCafe / 2014年7月1日 18時0分

デスク「最近、日本テレビの風通しがよくなったってな」

記者「ああ、先月の人事で長年アナウンス部で権勢を振るった木村優子アナウンス部長(53)が関連会社に飛ばされましたからね」

デスク「かつては美人アナで人気があったよな。取材記者の後は広報部にもいて、男の記者には人気あったぞ」

記者「今回の人事で、アナウンサーや放送作家を養成する日テレ学院の院長になりました」

デスク「上層部の、女子アナ・タレント化推進路線に反発してたのが飛ばされた原因だって聞くけど…」

記者「それだけじゃないですよ。木村さんって、あんなきれいな顔してるのに、女子アナにきついんで知られたじゃないですか」

デスク「日テレに長く君臨し、社長・会長をつとめた故・氏家斎一郎が生きていれば、木村さんが飛ばれることはなかったろうな。彼女、かわいがられてたからね」

記者「木村さんという目の上のタンコブが消えたから、日テレの女子アナで一番人気のあるミトちゃんこと、水卜麻美(みうらあさみ)アナ(27)をバラエティーでもどんどん使える、とバラエティーの制作スタッフは大喜びです」

デスク「彼女、独身のせいか既婚者や出産を控えた女子社員にもきつかったらしいね」

記者「去年出産し、産休明けで復帰した葉山エレーヌアナ(31)に、『産後は口が回らない』と言って、アナウンスの仕事を回さなかったというのは有名な話です」

デスク「都議会議員も真っ青な、びっくりセクハラ発言だな」

記者「そういう人がいなくなって、日テレはさらに軽チャー路線を突っ走れば、当分視聴率的には強いでしょうね」

デスク「でも、あのあこがれの木村さんがいるのなら、オイラも日テレ学院行きたいな…」

記者「勝手にどうぞ!」

NewsCafe

トピックスRSS

ランキング