ナイナイ岡村、なぜ「過去」告白?

NewsCafe / 2014年7月4日 15時0分

ナインティナインの岡村隆史(43)が、犯罪行為を常習的に行っていたことをラジオ番組で告白したことが話題になっている。
「先月放送された『ナインティナインのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で、岡村が『流れるプールが流行った時期に、ものすごく痴漢しました』と過去の罪を暴露したんです」(芸能記者)
昔の話とはいえ、詳しく教えて!
「流れるプールや波の出るプールによく行っていたようで、『ある一定の時間になったら波がブワーッと来て、とにかく息止めてケツ見て触って、ガーンと逃げるみたいな。そんなんがものすごい頻繁に行われてしまったんですよ』とお尻を触った具体的な作戦も明かしました」
その発言、まずいんじゃないの? いつの話なの?
「そこには落ちがありまして、これらの痴漢をやったのは小学生のときだと告白しているんです。ところが、ネットでは意外にも批判が殺到し、『子どもでも現在でも、性癖なんてそう変わらんやろう?』『今でもチャンスがあればやるに決まってる』など、擁護する発言は少数でした」
今はその手の話に寛容じゃないからね。
「岡村はサッカーW杯の予選リーグが日本で盛り上がっていた時に、渋谷の交差点で痴漢が逮捕されたことに引っ掛けて自分の経験を話し、反省している、いけないことと言ったんですが…」
リスナーは許さなかったわけね。
「岡村は去年暮れ『めちゃ×2イケてるッ!」(フジテレビ系)で、ふなっしーに似せた、たかっしーというキャラを作り、上戸彩(28)に体を触るなどのセクハラをしました。その前科があるから、『やっぱりエロオヤジだったんだ!』という反応になってしまったのでしょう」
分かる、分かる。
「もちろん、ラジオでは批判も予測したのか、『今でも僕は恥じているんですけど。反省してます。なんであんなことしたんやろって』と言い、『大人になってからはしてませんからね。当たり前のことですけども』と強調したものの、時遅し。自分の経験は言わない方がよかったと周囲も言っています」(先の記者)
岡村は過激な話題でリスナーに注目されたかったのだろうが、世間から強いマイナスイメージを持たれてしまったことは間違いない。

NewsCafe

トピックスRSS

ランキング